お父さんのレビューが大好き

(左から)『パパが大好き』のパットン・オズワルトとジェームズ・モロシーニ。

(左から) パットン オズワルトとジェームズ モロシーニ 私は私の父が大好きです.
写真: マグノリアの写真

悪い映画の両親のパンテオンには、脚本家兼監督のジェームズ・モロシーニの映画に登場する不在の父親のうそをつく大失敗であるチャック(パットン・オズワルト)の居場所が常にあります。 私は私の父が大好きです、プレゼンテーションは控えめで、恥ずかしさは壮大な映画です。 チャックは、イライラした息子のフランクリン (モロシーニ) のためになぜそこにいないのかについて、底なしの言い訳の穴がある早口の敗者です。 そのため、フランクリンが自殺未遂後に精神保健施設から解放されたとき、彼の治癒プロセスには、毒のある父親とのすべての関係を断ち切ることが含まれます。 絶望的なチャックは、恐ろしい親のように反応します。地元のダイナーでベッカ(クラウディア・シレフスキー)という名前の魅力的な若いウェイトレスの写真を使用して、偽のFacebookプロフィールでフランクリンをおびき寄せます。 意気消沈したフランクリンがベッカの友達リクエストを受け入れた後、彼はオンライン限定の「ガールフレンド」と恋に落ち、チャックは策略を続けるために多大な努力を強いられました。

モロシーニ、監督としての彼の2番目の長編映画(2018年以降) トリオ) は、このアイデアを可能な限り採用することを主張しています。まるで、その中心的な前提に対する彼自身のコミットメントと、結果を消化する私たちの能力をテストしているかのようです。 いくつかの瞬間は、最も誠実で意欲的な映画ファンの不屈の精神をテストします, フランクリンがトイレで自慰行為をし、ベッカが彼に送ったと彼が思っている危険なテキストメッセージで、実際には隣の部屋の父親. しかし、モロシーニは頭が良く、私たちを 95 分間大儲けさせることは映画ではないことを知っています。 そのため、彼は自分の映画を劇的に信じられるものにしようとしています。 彼は父と息子の関係やソーシャルメディアの有害な可能性について何も新しいことや洞察に満ちた発言をしていないため、これはより困難になります. しかし、キンクを誘発する限界を押し上げながら、非難されるべき親をサポートすることは、それ自体がねじれた成果になります.

モロシーニは最初から、個々のリスクが全体にどのように影響するかを考えていなくても、リスクを恐れないことを示しています。 以前は自殺願望があったフランクリンを危険なほど壊れやすい状態に置くことはやり過ぎであり、チャックの Facebook のデマを痛々しいほど残酷にするだけです。 モロシーニは、フランクリンの役割を演じることで、父親の策略に陥る可能性を高める感情的な脆弱性の愚かな雲の下にいるかのように、これをある程度弱体化させます.

もちろん、チャックがフランクリンと再接続するためのばかばかしくない方法があります。 しかし、チャックは、その特定の瞬間に頭に浮かんだ悪い解決策を支持して、最善の解決策を拒否する一種の見当違いの愚か者です。 同僚からの何気ない逸話に触発されて (Lil Rel Howery、陽気なデッドパンの理由の声)、彼は自分の息子をだまします。 架空の Becca の Facebook プロフィールは比較的まばらですが、Franklin は彼女の友達リクエストを受け入れます。 チャックは、自分の半分の年齢の女性からのように聞こえるテキストを書くのに苦労しているため、最初はおなじみの笑い声を上げました。 メールだけの関係が過熱する中、チャックは「ガールフレンド」と話したりビデオチャットをしたいというフランクリンの願望に合わせて踊らなければなりません。 最終的に、そしてしぶしぶ、彼はフランクリンをメイン州に連れて行ってベッカに会うことに同意し、彼の運命の計画が最終的に内破する避けられない瞬間に私たちを近づけます.

At times the mind drifts to what the Farrelly Brothers, Seth MacFarlane or Matt Stone and Trey Parker or would have done with a story that seems to beg for a more outrageous or farcical approach. Morosini’s style is purely functional with very little snap or polish. But this actually works in the film’s favor. Although the movie is deeply uncomfortable in spots, what with the social media-enabled incest and all, Morosini doesn’t rub our noses in it, and humiliating his characters is not his goal. He also finds nifty ways to dramatize what are essentially two people continually typing on their phones. When Franklin and “Becca” are texting, she’s physically in the scene and interacting with him, reading Chuck’s SMS’s out loud with warmth, glee, earnestness or, during one cute moment, by pronouncing every typo. This not only skillfully overcomes a storytelling challenge, it also speaks to how a lost and lonely person can create a full-bodied relationship based solely upon texting. The creep factor kicks in later when Chuck is forced to sext with Franklin lest he start getting suspicious. In one frantic and well-played scene, Chuck copy and pastes the R-rated texts he’s been receiving from his girlfriend (a droll Rachel Dratch) and sends them right to Franklin.

If making the audience cringe was all I Love My Dad had to offer, it would be a nasty and forgettable stunt. Morosini claims the film is based on an incident that really happened between him and his father, so there was an opportunity to pay some authentic lip service to difficult familial relationships. He gives it the occasional shot but he’s not insightful enough to get beyond the basics. Oswalt, in a career-best performance, easily makes up for this shortfall. And that’s no easy feat. Chuck, whose pronounced underbite betrays a clenched-teeth anger at the problems he’s only brought upon himself, is a reprehensible sad sack crushed by the weight of his lies. Miraculously, Oswalt, who proved in Big Fan he has the chops to go dark, provides enough daylight for us to give Chuck some credit for harboring a genuine desire to be closer to his son.

I Love My Dad is about a uniquely modern violation of trust that lousy parenting made inevitable and social media made possible. Chuck and Franklin use technology in ill-advised ways yet their hearts are in the right place, which counts for a lot when you’re forced to gaze upon a father making out with his son. Morosini’s gentle directorial approach makes the film’s disturbing elements less of a turn off and he keeps us caring about, and understanding, Chuck despite our revulsion. If we’re ultimately not sure what greater point Morosini is trying to make, that’s okay. Consider ourselves honored, if slightly uncomfortable, guests at Morosini’s breakthrough therapy session.

Leave a Reply

Your email address will not be published.