ウィスコンシン男子バスケットボールチームの「ビッグサマー」には、フランスへの旅行が含まれています| ウィスコンシンバジャーズ男子バスケットボール

ウィスコンシン大学の男子バスケットボールチームは、2017年以来初めての海外旅行を計画しています。

アナグマは8月7日にフランスに向かい、パリ、リヨン、ニースで4つのゲームをプレイしてから、8月17日に帰国する予定です。

NCAAにより、チームは4年ごとにこのような旅行をすることができます。 UWは、2017年8月にオーストラリアに最後に旅行し、オーストラリアとニュージーランドで5つのゲームをプレイしました。


元ウィスコンシンガードのジョニーデイビスがNBAコンバインに出場

UWは、ベルギー出身で、サンアントニアスパーズで4度のNBAチャンピオンを務めるアカデミーオブトニーパーカーのチームと2試合を戦う予定です。 また、2つのプロチームと対戦します。

「6月13日からスタートし、フランスに向けてウェイトルームとトレーニング、追加の練習を開始します」と、ワシントン大学のグレッグガードコーチは語った。 「それで、それはエキサイティングです。 ジャンプをしなければならないので、それは大きな夏です。あなたは一歩を踏み出さなければなりません。」

ワシントン大学の夏のトレーニングは8週間続きます。 彼らは8月5日に終了しますが、この旅行により、アナグマは10回の追加練習を行うことができます。

人々も読んでいます…


男子バスケットボールの移籍マックス・クレズミットは、ウィスコンシンへのコミットメントは「夢の一部」にすぎないと述べています

スターターのスティーブン・クラウル、チャッキー・ヘップバーン、タイラー・ウォールなど、2022年から23年のシーズンに戻ってくると予想される選手は10人います。 アナグマは、得点王のジョニー・デイビスとブラッド・デイヴィソンを失いました。

移籍のマックス・クレズミットとカマリ・マギー、そして新入生のコナー・エセジアンが新しいチームと試合をするのはこれが初めてです。

「それが待ちきれません」とエッセジアンは言った。

アナグマにはまだ2つの奨学金スポットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.