ウェス・ミラーがベアキャッツとシーズン2に向けてセット

1年前、ウェスミラーは、自分が「絶対的な旋風」に陥っていることを認めました。まるで、圧倒的な消防ホースから比喩的に水を飲もうとしているように感じました。

すべてがすぐに彼に来ていました。

1年後、シンシナティ大学の男子バスケットボールのコーチとして2シーズン目を迎えるミラーは、もう少し快適に一口飲んでいます。

シンシナティベアキャッツの次のステップ: 「今、それは年から解凍しようとしています」

「私は快適という言葉が嫌いです」とMIllerは木曜日にTheEnquirerに語った。 「私たちが快適に感じた瞬間、私たちは困っていると思います。それは、あなたが本当に良くなるために限界を押し広げていないからです。それで、私たちはまだ不快に感じます。つまり、本当に健康的で前向きな方法です。」私たちが毎日不快に感じ、改善するという狂気の切迫感を持っていることを確認しようとしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.