デュークNILとアルストンのポリシーが検討中です。 ACCコレクティブ

大学のスポーツ界が彼を取り巻く基盤の核心に揺さぶられたとき、ジョンシャイヤーは、2022年のクラスで全国一の採用者をデュークに引き付けました。彼は来年の別のトップクラスへの道を順調に進んでいます。

ブルーデビルズの新しいバスケットボールのコーチは、デュークが全国のすべての学校のように、NCAAのガイドラインの革命的な変化に取り組んだときでさえそうしました。

州議会と連邦裁判所の行動によって生み出された大学のアスリートは、サードパーティのマーケティング取引を通じて名前、イメージ、肖像(NIL)から利益を得ることができ、学校から年間6,000ドルに迫る教育ベースの支払いを利用できるようになりました。

これらの新しい機会に対して独自のポリシーを設定するのは各学校の責任です。つまり、Scheyerや彼のスタッフのようなコーチは、1年前でも気にならなかった新入社員やその家族から質問を受けます。

それでも、デュークはすべての変更よりも前の何かをプッシュします。

「あなたがデュークに来る理由の一部であり、最大のことは、デュークバスケットボールよりも大きなステージはないということです」とScheyerは言いました。 「ありません。 この段階でそれを行う機会は、それをシミュレートすることはできません。 今、私たちはプレーヤーをそれから利益を得る立場に置くために、彼らができるところ、または彼らの価値が何であるかを押し続ける必要があります。 しかし、その段階では、それをシミュレートすることはできません。」

世界的に有名な教育とすべての男子バスケットボールの試合を全国的に放映することは確かに強力なセールスポイントです。 しかし、事実は、デュークはまだNILと、最高裁判所の判決によって現在許可されている教育的支払いの両方に取り組んでいます。 NCAA対アルストン 昨年6月。

ESPNの調査によると、130のフットボールボウルサブディビジョンスクールのうち22校のみが アルストンの判決を利用して、学業成績のためにアスリートに年間5,980ドルを支払う計画を立てました。 ノースカロライナ、クレムソン、マイアミの3つだけがACCスクールです。

デュークがしていること

デュークは昨年、アルストンの支払いをどのように進めるべきかを検討するために教育権ワーキンググループを設立しました。 法的な決定と連邦および州の政策を検討している間、グループの会議には、コーチやアスリート、そしてデュークプロヴォストのサリーコーンブルースとの会話が含まれていました。

「ワーキンググループは、学期の終わりまでに大統領(ヴィンス)プライスにいくつかのオプションを提示することを目標として、計画を導く可能性のある原則を特定することに焦点を当ててきました。」 報告によると デュークの陸上競技評議会の議長であるリンダ・フランゾーニは、4月18日に学校の学術評議会に提出しました。

先週の木曜日の春学期の最終会議で、学術評議会はその報告をワーキンググループとして受け入れることを決議しました。 決議はしていませんが、決議に向けて前進を続けました。

アルストンの支払いとは異なり、 デュークは、NILの問題について書面による暫定方針を定めています。 7月1日にNCAA規則の下でNIL補償が許可された後に制定されたこのポリシーでは、デュークアスリートがソーシャルメディアの影響力を持つことから利益を得ることができます。

ペイフォープレイの状況を回避するために、ポリシーでは、アスリートは「デュークへの最初の登録または継続的な登録を条件として、報酬を提供または提供することはできません」と述べています。 また、アスリートが「特定の運動パフォーマンスまたは成果に応じて報酬を受け取る」こともできません。

ポリシーにより、デュークバスケットボールスターのパオロバンケロは 彼をNBA2Kビデオゲームシリーズに登場する最初の大学生にした契約に署名する。 ブルーデビルズが先月ファイナルフォーに到達するのを手伝った別のスターティングプレーヤーであるウェンデルムーアは、ボジャングルズとのマーケティング契約から利益を得ました。

他のACC学校が行ったこと

しかし、全国のいくつかの学校とは異なり、デュークはまだNILの目的でブースターの集合体を形成していません。 それは学校をそのACCライバルの後ろに置きます。

クレムソンはTigerImpactを設立しました。その目標は、「学生アスリートに、クレムソンにいる間、教育の一環としてさらに成長し、地域の慈善団体に必要なサポートを提供することで他の人に奉仕する機会を提供すること」です。

フロリダ州には、Micconope 1851を含む複数の団体があり、「NIL獲得の機会でアスリートを支援する」と述べており、「それを超えて、アスリートが教育リソースを提供できる成功した卒業生にアクセスできるようにする」ことを使命としています。

ノースカロライナにはフットボール中心のHeels4Lifeがあり、NILの機会のためにアスリートと卒業生をマッチングさせます。 アスリート部門は全体として、昨年の夏にThe Brandr Groupと協力して、タールヒールアスリート向けのグループライセンスプログラムを実施しました。

デュークでは、アスレチックカウンシルのNILワーキンググループが昨年秋と春先に会合を開き、学校の暫定方針を検討し、当面はそのままにしておくことを決定しました。

「ノースカロライナ州が近い将来、NILに関する州法を可決する可能性があります。その時点で、大学の方針は必要ありません」と、デュークの機械工学教授であるFranzoniは、先月の学術評議会への報告書に書いています。

一方、すべてのスポーツのデュークのコーチは、アスリートとその家族が決定の要因としてNILとアルストンの支払いを比較検討している環境で採用を続けています。

「5年前にはなかったさまざまな会話がありました」とScheyerは言いました。 「しかし、それは素晴らしいことになると思います。 それは、私たちが可能な限り最高の位置に私たちの男を配置するための適切な構造を持っていることを確認することの問題です。」

先週キャメロンインドアスタジアムで行われた記者会見でシャイヤーと一緒に座ったデュークバスケットボールアソシエイトヘッドコーチのクリスキャラウェルは、デュークのブランドの価値を強調しながら、学校が最終的にNILの基盤または集合体になると予想していると述べた。

「NILと私たちが行うすべてのことで、私たちはそれを正しい方法でやりたいと思っています」とキャラウェルは言いました。 「だからこそ、時間をかけて、実施している計画が素晴らしい計画であることを確認するつもりです。」

この物語はもともと公開されました 2022年5月9日午前5時40分。

Raleigh News&Observerの関連記事

スティーブワイズマンのプロフィール画像

スティーブワイズマンは、2010年以来、ダーラムヘラルドサンとローリーニュース&オブザーバーのためにデュークアスレチックをカバーしています。 彼は2019年AP通信スポーツエディター全国大会でビートライティングとニュース速報の両方で2位になりました。 以前は、州(サウスカロライナ州コロンビア)、ヘラルドジャーナル(サウスカロライナ州スパルタンバーグ)、サンヘラルド(ミシシッピ州ビロキシ)、シャーロットオブザーバー、ヒッコリー(NC)デイリーレコードでNFLのカロライナパンサーズやニューサウスカロライナ大学陸上競技およびSC総会のOrleansSaints。 彼は数多くの州レベルのプレス協会賞を受賞しています。 スティーブは1989年にイリノイ州立大学を卒業しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.