ヨーロッパの肥満と戦うための新しいWHO計画

押しつぶされた缶の白黒写真は直立することができますPinterestでシェア
世界保健機関(WHO)からの新しいレポートは、肥満の構造的要因の重要性を強調しています。 ジェームス・ロス/ふっくら
  • 世界保健機関(WHO)は、ヨーロッパ全体で太りすぎや肥満の増加率を制御する上での進歩の欠如を概説する新しいレポートをリリースしました。
  • 報告書によると、2015年にWHOによって設定された肥満目標を達成するために軌道に乗っているヨーロッパの国はありません。
  • 組織は、健康的な栄養を損なう社会的要因に対処することを提案しています。

2015年に、世界保健機関(WHO)は 目的 2025年までに非感染性疾患による死亡者数を抑える取り組みの一環として、肥満率の上昇を食い止めること。 WHO地域肥満レポート2022現在、ヨーロッパ地域の53か国のいずれも、その目標を達成するために順調に進んでいません。

WHOは、健康的な食生活を維持するために個人の負担を軽減する肥満の軽減に向けた進展を加速する計画を開始しました。

プレスリリース レポートの発表において、WHOは次のように述べています。

「新しいWHOレポートは、人口全体の貧しい食生活の環境的および商業的決定要因を対象とする政策介入が、肥満の蔓延を逆転させ、食生活の不平等に対処し、環境的に持続可能な食料システムを達成するのに最も効果的である可能性が高いことを概説しています。」

ジョシュア・ペティマー博士ボストンのハーバードピルグリムヘルスケアインスティテュートとハーバードメディカルスクールの人口医学部の研究科学者は、次のように述べています。 今日の医療ニュース「栄養と健康を改善するには、焦点を「個人的責任」から社会全体のより広範な解決策に移す必要があります。」

「食事行動は、略奪的な産業慣行、食料へのアクセスの悪さ、健康的な食料の手ごろな価格など、多くの巨視的な要因によって悪影響を受けます。 社会的要因を考慮せずに個人の責任に焦点を当てた提案された解決策は、人口の栄養と健康に対する主な脅威に対処していません。」

報告書は、効果的な肥満政策を実施する上での障壁には、「肥満に対処することは個人の責任であり、政府を含む社会全体の責任ではないという継続的な物語」が含まれることを示しています。

アーサー・デルコートベルギーのUniversitéCatholiquedeLouvainの登録栄養士および生物医学科学者、 ツイッター言っている:「肥満に注意することは非常に悲しいです [continues its] 世界中に流行が広がった。 新しいWHOの報告によると、ヨーロッパ市民の25%が [have obesity]…それは、政治家、公衆衛生組織、医療関係者、研究者にとって大きな失敗です。」

プレスリリースでは、WHOのヨーロッパ地域ディレクターであるハンスアンリP.クルーゲ博士が、肥満の増加の普遍性を強調しています。

「肥満は国境を知りません。 ヨーロッパと中央アジアでは、肥満の増加を食い止めるというNCDのWHOの世界的目標を達成する国はありません。 私たちの地域の国々は信じられないほど多様ですが、それぞれがある程度の課題に直面しています。」

「より助長する環境を作り、健康への投資と革新を促進し、強力で回復力のある健康システムを構築することで、この地域の肥満の軌跡を変えることができます。」

レポートによると、ヨーロッパの成人の59%は太りすぎであるか、肥満で生活しています。 子供の中で、男の子の29%と女の子の27%が肥満とみなされます。

WHOが引用した調査によると、パンデミックの際に問題が悪化し、太りすぎや肥満の発生率が急激に上昇しました。

WHOは、太りすぎと肥満がこの地域の年間死亡者の13%(120万人)以上の原因であると推定しています。 それらはまた、障害の背後にある主な行動要因であると考えられており、症例の7%を引き起こしています。

肥満は、心血管疾患、2型糖尿病、および慢性呼吸器疾患に関連しています。 肥満は13種類の癌に関連しているため、WHOは、毎年少なくとも20万人の新しい癌の症例に対して肥満が「直接的な責任がある」と考えています。

国民医療に資金を提供している国の場合、肥満も費用がかかり、2014年にEU諸国の全体的な医療費の最大8%を直接消費します。WHOはまた、肥満の人を治療するのにかかる人よりも30%多くかかることを発見した研究を引用していますいいえ。

OMS 提案する 健康的な食事を奨励し、一連のポリシーを発表した文化を創造するための包括的なアプローチ:

  • 「「[T]財政的介入の実施(砂糖飲料への税金や健康食品への補助金など)
  • 子供向けの不健康な食品の販売に関する制限
  • 国民皆保険の一環として、プライマリヘルスケアにおける肥満および太りすぎの管理サービスへのアクセスを改善する
  • 先入観と妊娠ケア、母乳育児の促進、学校ベースの介入、健康食品の入手しやすさと手頃な価格、および身体活動の機会を改善する環境を作り出すための介入を含む、ライフコース全体での食事と身体活動を改善するための取り組み。」

「@WHOヨーロッパ肥満レポートは、国の肥満政策をサポートするために高レベルの政治的コミットメントが不可欠であり、それが医療制度の回復力をサポートするのに役立つことを強調しています。」

肥満研究のためのヨーロッパ協会経由 ツイッター

WHOは、肥満の蔓延を解決するための政治的意志を集める国々の重要性について次のように述べています。

「太りすぎや肥満の問題に対処することを目的とした国策には、その背後に高レベルの政治的コミットメントがなければなりません。 それらはまた包括的でなければならず、ライフコースを通して人々に到達し、不平等に焦点を合わせなければなりません。」

「肥満を予防するための努力は、病気のより広い決定要因を考慮しなければならず、政策オプションは、人々に焦点を合わせ、肥満の構造的推進力に取り組むアプローチから離れなければなりません。」

Leave a Reply

Your email address will not be published.