大学バスケットボールのパワーランキング:ビッグ12が最高に君臨し、ACCは2021年から22年の最終会議の比較で苦戦

2020-21シーズンとは異なり、どの会議が大学バスケットボールで最高のキャンペーンを締めくくったかについて合理的な意見が一致しない場合、2021-22シーズン以降の問題についてはほとんど議論されないはずです。 ビッグ12は、2年連続の全国チャンピオンを生み出しただけではありません。 カンザスしかし、リーグはシーズンを通して一貫して優れていました。

第1シードとタイトルを獲得したジェイホークスを除いて、会議は2番目の第1シードを生み出しました ベイラー と見た テキサステックアイオワ州 どちらもSweet16に到達します。KUはSweet16を超える唯一のBig12チームでしたが、Big Danceのリーグの6チームのそれぞれが少なくとも1つのゲームに勝ったため、Big12の全体的なNCAAトーナメントのパフォーマンスは際立っていました。

リーグには2021年のNCAAトーナメントで7つのチームがありましたが、昨シーズンのボトムフィーダーが跳ね返ってトップツーボトムの競争力を生み出し、シーズンを通して魅力的な劇場を生み出したため、ビッグ12は間違いなく2022年にさらに深くなりました。 アイオワ州と カンザス州 リーグの平均NETランキングをそれぞれ224と176で終えることで引き下げましたが、会議からの深刻な怠け者はいませんでした。 会議の10チームすべてがNETのトップ75で終了しました。

全国の他の場所では、Pac-12は、記憶に残る2021年NCAAトーナメントでシーンに突入した後、深刻なバックスライドに見舞われました。 ACCはNCAAトーナメントでエリートエイトの3人を構成することで評判を取り戻しましたが、歴史的に誇り高いバスケットボール会議の基準からすると、それでもダウンシーズンでした。

201-22大学バスケットボールのシーズンを振り返ると、次の基準を使用した会議のパワーランキングの最終的な内訳は次のとおりです。リーグ内の各チームの平均NETランキング、最悪の2チームを含まない平均NETランキング、NCAAトーナメントの数入札、NCAAトーナメントの記録および数 NBA 見通し。

ドラフトの見通しは最新のものから取られました CBSSportsNBAビッグボード2022年のトップ75の見通しを特徴とする NBAドラフト。 ここは 昨年の最終会議パワーランキング。

1.ビッグ12

ビッグ12の10チームのそれぞれは、少なくともリーグ戦の一部でNCAAトーナメントの会話に参加していました。 カンザスステートと ウェストバージニアそれぞれが.500未満で終了し、質の高い対戦相手と競争し、打ち負かす能力を証明しました。 ビッグ12での毎晩の戦いであり、カンファレンスの6つのNCAAトーナメントチームがすべてビッグダンスで少なくとも1つのゲームに勝ったという事実は、カンファレンスのガントレットの後、彼らがどれほど準備が整っていたかを証明しています。 カンザスが最終的に全国選手権のトロフィーを掲げたことで、ビッグ12が2年連続で全国トップの会議としてタイトルを獲得することは間違いありません。

数字で

  • NCAAトーナメントの入札率で2位: 6/10(60%)
  • NCAAトーナメント記録で2位: 13-5(72.2%)
  • 上位75のNBAドラフトプロスペクトのT-4: 6(チームあたり0.6)
  • 平均NETランキングで1位: 33.2(昨年は66.7)
  • 下位2チームを除く平均NETランキングで1位: 23.8(昨年は33.4)

2.ビッグテン

ビッグテンは、2020-21シーズンの最終AP投票のトップ10で4チームがフィニッシュしたときに設定したペースから少しずれました。 たった1つのチーム— パデュー —今シーズンはその領域で終了し、ボイラーメーカーは10位でした。リーグの9つのNCAAトーナメントチームのうち2つだけがSweet 16に到達し、ビッグテンの全国タイトルの干ばつが22年に及ぶため、そのラウンドで両方が排除されました。 しかし、結局のところ、リーグの膨大な量のNCAAトーナメントチームと専門家の見通しは、大学バスケットボールの2番目に優れた会議として際立つのに役立ちます。

数字で

  • NCAAトーナメントの入札率で1位: 14の9(64.3%)
  • NCAAトーナメント記録で6位: 9-9(50%)
  • NBAドラフトのトップ75の見通しで1位: 14(チームごとに1つ)
  • 平均NETランキングで2位: 57.2(昨年は46.4)
  • 下位2チームを除く平均NETランキングで4位: 45.6(昨年は35.4)

3. SEC

オーバーンケンタッキーテネシー NCAAトーナメントの最初の週末に2桁のシードによって排除されたそれぞれを排除し、SECはもう一度必要としました アーカンソー それが顔を救うのを助けるために。 レイザーバックスは、2年連続でエリートエイトに到達したときにスウィート16に到達した唯一のSECチームでした。 それは決して会議の旗印の年ではありませんでしたが、SECのレギュラーシーズンの善意とトップレベルの才能は、最終ランキングでACCとビッグイーストにわずかに足を踏み入れました。

数字で

  • NCAAトーナメントの入札率で4位: 14の6(42.9%)
  • NCAAトーナメント記録で7位: 5-6(45.5%)
  • NBAドラフトのトップ75の見通しで2位: 11(チームあたり0.79)
  • 平均NETランキングで2位: 64.1(昨年は64.6)
  • 下位2チームを除く平均NETランキングで2位: 43.7(昨年は51.3)

4.ビッグイースト

ビッグイーストは、6チームがダンスと観戦を行った後、今年のランキングで2位上昇しました ヴィラノーバ ファイナルフォーに到達します。 リーグの最下位の住人の無能さ—私たちはあなたを見ています ジョージタウン —問題でしたが、ビッグイーストの上層部はシーズンを通して高品質で面白いバスケットボールを提供しました。 摂理ナショナルプレーヤーとしての出現と マルケットコーチがビッグイーストを素晴らしいシーズンに導いたので、シャカスマートの最初のシーズンでの関連性への復帰。

数字で

  • NCAAトーナメントの入札率で3位: 11の6(54.5%)
  • NCAAトーナメント記録で5位: 7-6(53.8%)
  • NBAドラフトのトップ75の見通しで6位: 3(チームあたり0.27)
  • 平均NETランキングで4位: 64.7(昨年は72.9)
  • 下位2チームを除く平均NETランキングで4位: 44.6(昨年は56.8)

5.ACC

ACCの優れたNCAAトーナメントのパフォーマンスは、歴史的なファイナルフォーの対決によって強調されています。 公爵ノースカロライナ州今シーズンのランキングで5位を超えるケースを出しました。 しかし、結局、ラフなレギュラーシーズンは会議が克服するには多すぎました。 2017年と2018年に9チームをビッグダンスに送った後、ACCは2019年と2021年にわずか7チームを生み出しました。デュークがリーグで唯一のランク付けされたチームとしてシーズンの多くを費やしたため、その数は今年は5チームに減少しました。

数字で

  • NCAAトーナメントの入札率で5位: 15の5(33.3%)
  • NCAAトーナメント記録で1位: 14-5(73.7%)
  • トップ75NBAドラフトプロスペクトのT-4: 9(チームあたり0.6)
  • 平均NETランキングで5位: 85.1(昨年は78.0)
  • 下位2チームを除く平均NETランキングで6位: 71.3(昨年は60.8)

6. Pac-12

COVID-19の大流行の中で、NCAAによって許可された資格の追加シーズンのために、全国の多くのプログラムがベテランの才能を大量に返したとき、Pac-12は今シーズン驚くべき量の才能に取って代わりました。 を除く会議のすべてのチーム UCLA リーグが2021年のNCAAトーナメントでその並外れたパフォーマンスを築き上げることができなかったため、そのトップスコアラーを失い、その生産の流出は明白でした。 今年のビッグダンスに到達した3チームのうち、No.1シード アリゾナ とNo.4シードUCLAはSweet16とNo.7シードでバウンスされました USC 最初のラウンドで負けました。 それがPac-12にとってトップヘビーで残念なシーズンだったという事実を回避する方法はありません。

数字で

  • NCAAトーナメントの入札率で6位: 12の3(25.0%)
  • NCAAトーナメント記録で4位: 4-3(57.1%)
  • NBAドラフトのトップ75の見通しで3位: 8(チームあたり0.67)
  • 平均NETランキングで6位: 93.0(昨年は52.9)
  • 下位2チームを除く平均NETランキングで5位: 71.1(昨年は44.1)

7. AAC

ヒューストン クーガーが2021年のファイナルフォーランに続いてエリートエイトに到達したとき、AACの旗を掲げ続けました。ケルビンサンプソン監督のチームのNCAAトーナメントの成功は、AACレギュラーシーズンとカンファレンストーナメントのタイトルを獲得した後に起こりました。 AACは、平均NETランキングにわずかな改善が見られ、2番目のチームがありました。 メンフィスNCAAトーナメントでゲームに勝つ。 しかし、全体として、リーグはUConnと ルイビル 2013-14シーズンの創設メンバーの1人でした。

数字で

  • NCAAトーナメントの入札率で7位: 11の2(18.2%)
  • NCAAトーナメントレコードで3位: 4-2(66.7%)
  • NBAドラフトのトップ75の見通しで7位: 3(チームあたり0.18)
  • 平均NETランキングで7位: 107.4(昨年は110.3)
  • 下位2チームを除く平均NETランキングで7位: 83.7(昨年は93.1)

Leave a Reply

Your email address will not be published.