株式市場のニュース:市場はかなり評価され、さらに5%下落し、過小評価されたゾーンになります:Nilesh Shah、Envision Capital

「ITは基本的に、ディップバイディップのような領域に入り、意味のある方法でそれらを所有するために、ここからさらに10〜20%の修正が必要です」と述べています。 ニレーシュ・シャーMD&CEO、 エンビジョンキャピタル


人々はクマの市場が始まったかどうか尋ねていますか? これが依然として強気市場であり、強気市場の修正であることをどのように彼らに納得させることができますか? 過去18か月に蓄積された投資家は、3週間で蒸発しましたか?
さて、あなたが所有するもの、またはあなたが行う投資の最終的な証拠は、基本的なビジネスです。 私がインドから始めるとしたら、明らかに私たちは困難な時代に直面しています。 それについては疑いの余地はありませんが、結論としては、経済としてのインドはまだ成長しており、6〜7%(おそらく、あちこちで50 bps)で成長すると予想されていますが、世界はまだ非常に健全な数値です。本質的に確実な減速にあります。

インフレ率は私たち自身の許容水準によって上昇しますが、それでもなお、先進国の西側市場で見られるものをはるかに下回っています。 インフレは低いと思います。

もちろん金利は上昇すると予想されますが、それでも比較的手頃な金利です。 非常に健全な一桁台の金利が残っているのを見てからしばらく経ちました。 全体として、経済は引き続き健全で安定しており、それに加えて、過去数年間に多くの改革が行われ、経済へのさらなるブースター効果を通じて耐え、顕在化する可能性があります。

全体として、私はインドがまだ比較的スイートスポットにあり、それが快適さと慰めの最大の源であると私は信じています。 市場は上下し続けるでしょう。 ボラティリティとそのすべてがありますが、肝心なのは、私たちが所有するものまたは私たちがいる場所は本質的に成長し続けており、前年比で付加価値を付けているということです。これは投資家にとって最良のことです。 。

世界的に、原油は上昇し、インフレは高く、米国株は溶けており、投資家はお金を出し、新興企業は価格を変更しています。 このシナリオの良いところは何ですか? 23年度は22年度よりも優れており、24年度は23年度よりも優れているという私たちの仮定はすべて挑戦されます。 市場や経済が悪いことを認めるのは難しいですが、それが現実です。 私たちはそれを受け入れなければなりません!
私たちは間違いなく逆風に直面しており、市場と投資家にとって課題があり、経済にとってもいくつかの課題がありますが、2〜3%で成長し、1.5%で突然成長している米国経済とは異なります。 。 それは、経済や事業活動のいずれにおいても見られるような落ち込みではありません。

第二に、インドは多くのものの生産国でもあることを忘れないでください。 現実には、世界は非グローバリゼーションに向かってシフトしているように見えます。 現実には、インドの多くの企業は、以前は中国やその他の場所で商品を購入することを検討していたグローバルな顧客からの多くの問い合わせに突然直面しています。 彼らは今インドにやって来て、製品を求めています。 それは私たちの輸出が成長しているペースに反映されています。

私たちの輸出が実際に20〜25%で長期間成長したのはいつか覚えていませんが、それは起こったことであり、旅は始まったばかりだと思います。 ですから、そうですが、世界には課題があり、世界経済にも課題があります。私たちは常に引き寄せられる明るいスポットを探す傾向があり、それが本質的に私たちの焦点であるべきです。

市場は常に過小評価から公正価値、そして過大評価へと移行します。 現在、市場はどこにありますか?
市場はかなり評価されていると思います。 市場も少し過小評価されていると思いますが、それは23年度も24年度も利益成長率が続くと予想しているからです。 したがって、1年、2年の期間をとったとしても、収益は合計で2桁成長するように見えます。それを見ると、約15%の奇数のシェービングがあります。最前線のインデックスで。 15%の削減があり、今後2年間で収益が15〜20%増加したとしても、市場がその過小評価されたゾーンに少し入り込んでいるという状況があります。

市場はさらに下落する可能性がありますか? 世界市場で私たちの周りで起こっているようなものでさらに下落する可能性がありますが、基本的に、ここからさらに5%下落した場合、市場は大幅に過小評価されたゾーンになります。

あなたは市場がかなり評価されているように見えると言いました。 IT部門についてお話したいと思います。 次にITはどうなりますか? ディップを購入し始めますか? それを買うべきですか、それとも市場にもっと良い機会がありますか?
常に比較的良い機会がありますが、スタンドアロンベースでは、インドのITセクターにとって非常に強力なケースが引き続き存在します。 わずか3〜4か月前、パックとしてのITの評価は非常に高く、本質的にそのようなものはかなり大幅に低下しました。 それで、そこにあった過剰は取り除かれました。

今では、株価がさらに10〜20%下がることができないという意味ではありません。 彼らはまだここから落ちる可能性がありますが、もし彼らがそのようなレベルに落ちるならば、私はおそらく彼らが再び大きな長期投資の賭けになっていると思います。 しかし、短期的には、2つまたは3つのことが起こっています。

1つは、Nasdaqと世界のテクノロジー株との間に何らかの相関関係があるということです。

2つ目は、これらのFAANG株の多く、これらの他の種類の企業の一部、および米国を拠点とする企業は、インドのIT企業の顧客であり、そこで減速が見られる場合は、明らかに支出の面で後退する可能性があります。テクノロジーに関して、したがってその範囲で、インドのIT企業に価格設定関連の圧力がかかるでしょう。

3つ目の注意点は、今後、基本的にTierIIスペースの方がTierIスペースよりもやりがいがあるということです。 これは、Tier Iの企業を見ると、Infosysがこの分野で最も尊敬されている企業の1つだからです。 昨年の収益は、EPSの成長率の約15〜16%で成長しました。これを長期間にわたって見ると、 成長率は約10%から15%です。 それを心に留めておく必要があります。

これは本質的に10%から15%の利益成長率の話であり、25-30%で成長しているものではありません。 明らかに、ハイパーグロースまたは通常ハイパースケーラーと呼ばれるものは、Tier II、Tier IIIの種類のスペースの中にあり、株価も下落しましたが、今後数週間または数か月以内に、驚くべき機会が見られると思います。今後3〜5年間、これらの株を購入して所有するためにそこにいます。

そのため、ITは基本的に、ディップバイディップのような領域に入り、意味のある方法でそれらを所有するために、ここからさらに10〜20%の修正が必要です。

ITセクターについてお話ししたばかりですが、時価総額やセクター固有であるのは理にかなっていますか、それとも今後の戦略は株式固有で時価総額やセクターにとらわれないものである必要がありますか?
絶対。 セクターにとらわれない必要があります。 ボトムアップである必要があります。 厳しい環境にもかかわらず成長を続けている企業や、中長期的な成長見通しを念頭に置いて、本質的に資本効率が高く、評価が合理的である企業を探してみてください。 強気市場または弱気市場、それは常に機能する唯一のマントラです。 ただし、成長の勢いが市場と比較してはるかに高くなる可能性があるセクターまたはビジネスを特定し続けることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.