白石和彬監督へのインタビュー「アメージングサイコサスペンス」死刑につながる病気「」「魅力的な目」「くっつく強い目」| ガジェット通信GetNews

史上最悪の暴力事件とその真実を描いた問題作「悪魔の道」、愛の謎に挑んだ「彼女がその名を知らない鳥」、警察と蜘蛛の血で血を洗う戦いで注目を集める迷わず描いた「孤狼の血」シリーズで数々の映画賞を受賞しただけでなく、高い支持を得ています。 ..

著名な作家、櫛木劉の傑作を映画化したもの。 阿部サダヲと岡田健史主演の映画「死刑につながる病気」が大ヒット作。 見たものを投げる驚くべきサイコサスペンスをどのように作成しましたか? 白石和彬監督にインタビューしました。

-この作品はとても怖くて面白いと思いました。 オリジナルを映画化することを決めたとき、どのようにしてそれをビデオに組み込むことにしましたか?

小説では、春村(阿部サダヲ)と正也(岡田健史)の出会いのシーンが多いですが、会議室のシーンも多く取られているので、同じように感じます。 それが起こらないのではないかと心配している人がいました。 ですから、最初はこの小説の実写版を作るのは難しいと思いました。

キャラクターの大和春村はとても面白かったので、私はそれに惹かれました。 ストーリーの輪郭が(「悪」とは)違うので、カメラを動かして色んなことができると思いながら作りました。 春村が24人も殺した過去をどう説明したらいいのかと思っていたのですが、脚本家の高田さんがお世話になってくれて良かったです。

-映画を見た後、原作も読みました。 映画では、過去の事件の描写があちこちに挿入されています。

同意します。 原作は春村の両親と大和春村の誕生の話ですが、可能な限り翻訳し、現代の謎に合った部分だけを描き、過去を感じられるように調整しました。 続けました。

-キャラクターの春村大和さんがおもしろいので、動画を作るのは難しかったと思います。 阿部サダヲに聞いてみましたか?

阿部さんは「名前がわからない鳥」ということで、一緒にいるのですが、あの映画の中で、すごく怖い目だった瞬間がありました。 「春村ってどんな人?」と思ったら、安倍さんの目が最初に思い浮かびました。

– 氏。 阿部さんの年齢は不明で声も優しいですが、怖いです。

年齢不明の感覚もあります。 安倍さんは色んな会話ができる人ですが、いつも終わってから「安倍さんは今、私との会話を楽しんでいるのか」と思うことがあります。 (笑)。 阿部さんはどんな人ですか? 把握できなかった部分が、春村大和の不思議な気持ちに役立つと思いました。

-印象的なセリフはたくさんありますが、本当にどれが欲しいのかは最後までわかりません。 まだわかりません。

同意します。 それが本当かどうかはわかりません。 悪い人と何ら変わりはありませんが、みんな好きで、原作を読んだときは、「この人ってどんな人なの?」という気持ちを持ち続けたいと思いました。 考え。

-岡田さんが演じるマサヤはどうですか?

岡田は非常に真面目で、プレーしたいという強い願望を持っています。 彼はまっすぐ生きていると感じた。 マサヤの役割は気のめいるようですが、岡田くんは「影」が彼に合っていると感じています。

阿部さんが「魅力的な目」だったら、岡田くんの目は「突き刺す意志の強い目」になります。 この二人の会議室だったら、夢中になってしまうのではないかと思いました。

– 氏。 岡田正也はそれにハマっていた。 きちんとした顔をしているのがわかりますが、なぜか影を感じます。

岡田くんの顔は状況によって全然違います。 「そんな顔はありますか?」 スイングが広い気がします。 写真を撮るまではわかりませんでしたが、たくさんの顔を惹きつけるのはすごいと思いました。 彼は本当にいい俳優だと思います。

– 氏。 中山美穂もとても印象的でした。 中山美穂はこの役割を果たすことができます…

お母さんだけじゃない。 私もあなたがそうすることを期待していませんでした。 私たちにとっては中学生くらいのスーパーアイドルで、中山美穂に憧れ、いつかチャンスを期待していました。 今回はそれを受け取って光栄でした。 難しいシーンも多くて緊張しましたが、「楽しかった」と言ってくれて嬉しかったです。

-とても意外なキャスティングだと思いますが、素晴らしかったです。

映画「ラブレター」も含めて、ずっと見てきました。 尋ねる直前、松尾スズキ監督の映画「108:海馬五郎の復讐と冒険」に出演していましたが、「この役を演じられたらチャンスがあるのではないか!」と思いました。 そして、プロデューサーに相談しました。 手。 「受け入れて頂ければ、どうぞ」と聞いてみました。

-恐ろしいラストシーンですが、原作とは違います。 監督はどうやってそれを作りたかったのですか?

映画は2時間続くので、シャープに仕上げたかったです。 本当に心配で心配なシーンで、脚本の高田さんが何度も書いていました。 コロナカの映画館が困っている時でも、ホラー好きやミステリー好きは映画館に行くことが多いそうです。 ホラーのような要素に近づいても大丈夫ですか? そんなイメージで思い、最後まで作りました。

-そんな背景がありました! 拷問シーンもたくさんあります。 とても痛そうだったので、目をそらしたかった…

それは正しい。 若い俳優たちは拷問シーンで最善を尽くします。 安倍氏はまた、「若い俳優たちが良い反応を示したので、プレーしやすかった」と語った。 それどころか、若い俳優の立場からすると、一生懸命頑張れたのは阿部さんだったと思います。

-十代の若者たちはオーディションをしていますか?

それはほとんどオーディションです。 そんなところでちゃんと遊べる子供がいなければ、映画は嘘になります。 きちんと演奏できて、表情のいい人に聞いてみました。 原村大和の味もあり、勉強ができて清潔感のある男女が好きでした。 作品の品格や原村大和の個性形成にも役立つと思います。

– もちろん。 とても頭のいい子だったので、狙われるのではないかと思いました。 個人的には白石さんの作品にサブキャラクターをキャストするのが楽しみですが、今回も面白い人がたくさんいました。 滝川英治は雰囲気がいいです。

滝川さんは演技が上手です。 表情も良く、会って話をするのも面白いです。 楽しみにしていて、現場で待っています。 「ああ、滝川さん!」 ワクワクするのはいいですね。 それは大事なのか…演技が上手であることが大事ですが、この人が来るのを楽しみにしています(笑)。 多分岩井志麻子。 音尾琢磨さん(琢磨)も連続記録を更新していて、「音尾フレーム」はいつ止まったのか見失ってしまいました(笑)。

-他の監督作品と比べて迷わず制作しましたか? それとも時間がかかりましたか?

毎回迷っているうちに作っているので迷わないようにしています。 まず、コロナでの撮影が1年間延長されました。 画像はその年の間に成熟しました。 最初のロケハンの時、大和の山中に家と水門が見つかりました。 後ろに鉄塔があり、それはまさに私が想像していたもので、その場所を見つけたとき、映画全体の様子を見ることができました。 それで、だんだんと気になっていた部分が見えてきました。 閉鎖感はありますが、美しさもあります。 映画はロケハンから始まったと思います。

-セットやアートも含めて、ダークなトーンでありながら美しいイメージに引き込まれました。

綺麗な写真を撮りたいと思いました。 今回は初撮影の池田さんと照明の立野さんが素晴らしかったです。 彼はよく見て、それを私に見せてくれました。 酔っ払って美を見ているような気がします。 彼が上品で上品な写真を撮ってくれると思って、私はそれに恋をしました。

-おっしゃるように、すごく怖い作品ですが、いい作品で、私のお気に入りの作品になりました。 監督が最近インスピレーションを得たミステリーやスリラー映画はありますか?

「TITANE」です。 素晴らしい映画でした。 どこに行けばいいのかわからず、強引なこともたくさんありますが、そうは感じません…そういう意味ではいい作品だと思います。 ジャンルが言えない映画ではないですか? それは素晴らしいことです、そして私が見ている間、私は「私は何を見ているのですか?」と尋ねています。 (笑)。 しかし、1つのシーン1つのシーンは映画に他なりません。 本当にがっかりしました。 そんな映画も作りたいです。

-白石監督にそう思わせる素晴らしい映画です。

同様のプロジェクトを思いついたとしても、日本の映画業界はそれをやり遂げることができません。 インディペンデント映画で撮るしかないのかな。 脚本を描いても理解できる人は少ないとは言えませんが、少ないと思います。 もともとはインディペンデント映画で、低予算で制作したい気がしますが、「TITANETitane」は多額のお金で作られています。 その地域の文化の違いについても考えます。 才能の違いだと思いますが、まだ勉強しなければいけないと思う作品でした。

-監督は色々なプロジェクトに取り組んでおり、映画館で映画を見る時間はたくさんあります。

はい。 消えれば終わると思います。 もちろん、私はたくさんの仕事をしていますが、映画を見ることも優先事項です。 実際、映画だけでは十分ではありません。 本を読んだり、コンサートに行ったり、美術館に行ったりするのに時間がかかるでしょうが、少なくとも、映画は最後の砦です。

-最後に、平凡な質問をして申し訳ありませんが、この作品を通して私に何を感じてもらいたいですか?

まずはマサヤの視点でお客様に見ていただきたいと思います。 ただ、見終わったら犯人の目線で色んなことを見てほしいです。 そして、別の顔で出てくる別の魅力を持った映画だと思います。 考えてみると面白いと思います。 犯人の視点で色々なことを考えながら二度目に見ることができれば、感じ方も変わります。

-その観点から詳しく見ていきます。 本日は素晴らしいお話をありがとうございました。

(C)2022年映画「死刑につながる病気」制作委員会

Leave a Reply

Your email address will not be published.