象印ニューロファジー炊飯器レビュー

頻繁にご飯を食べるなら、良い炊飯器に投資することを考えているかもしれません。 あなたが何か研究をしたことがあるなら、あなたはおそらくに出くわしたでしょう 象印ニューロファジー炊飯器とウォーマー。 それが本当に価格に見合う価値があるかどうかを調べるために、私たちはそれが競合他社とどのように重なるかを確認するためにそれをテストしました。 私たちのテストを通して、ニューロファジーは完全にふわふわでおいしいご飯を炊き、お手入れが簡単で、ストーブでご飯を炊くのをやめさせる便利な機能を備えていました。

象印ニューロファジー炊飯器とウォーマー

象印ニューロファジー炊飯器は高価ですが、毎回完全にふわふわのご飯をお届けし、非常に使いやすい機能が豊富に揃っています。

象印ニューロファジー炊飯器が好きな理由

象印ニューロファジーは、素晴らしいご飯を一貫して調理できる優れた能力でとても気に入りました。 鍋の底にあるご飯は焦げたり、焼きすぎたりすることはなく、どんな種類のご飯を作っても、いつも食感が素晴らしいです。 寿司飯、玄米、バスマティご飯を炊き上げましたが、それぞれの炊き方がとてもシンプルで、いつも完璧な仕上がりになりました。 ご飯を洗い、適量の水を加え、いくつかのボタンを押してから、座って機械に魔法をかけましょう。

象印によると、Neuro FuzzyのソフトウェアとMicomチップを使用すると、鍋の中にある米と水の量を判断し、それに応じて調理プロセスを調整できます。 つまり、正確でなくても、水を入れすぎたり、入れすぎたりしても、象印ニューロファジー炊飯器は間違いを補い、おいしいご飯を作ることができます。 そして実際には、ニューロファジーは小さな測定誤差を簡単に処理できることがわかりました。 技術を限界まで押し上げるために、2カップのご飯を1カップの水で調理し、さらに2カップのご飯を3カップの水で調理して、機械がそれを元に戻すことができるかどうかを確認しました。 水1カップのバージョンは味が悪くなく、少し乾燥していました。 それを直したいのなら、もう少し水を加えてご飯をもう一度炊くだけです。 3杯の水を入れたバージョンは間違いなく当たり障りのないものでしたが、それもひどいものではありませんでした。

象印ニューロファジー炊飯器レビューご飯比較

ニューロファジーは、その卓越した炊飯能力に加えて、いくつかの非常に便利な機能も備えています。 テスト中の私たちのお気に入りの1つは、調理後最大12時間、調理済みのご飯を自動的に使用温度に保つ「KeepWarmMode」です。 食事の数時間前にご飯を炊きたい場合は、キッチンを急いで通り抜ける必要がないので(または夕食後の深夜の温かいご飯に)最適です。 また、ご飯を鍋に12時間以上入れておきたい場合は、最初の12時間が経過する前であればいつでも、「保温モード」から「延長保温モード」に切り替えることができます。より低い温度(華氏約140度、細菌の増殖を阻害するのに十分な高温) 食中毒を引き起こす可能性があります)さらに8時間。 もう一度ご飯を食べる準備ができたら、再加熱機能を使ってご飯をサービング温度に戻すことができます。

私たちがよく使っているもう一つの機能は、「クイッククック」機能でした。 通常、コンロでご飯を炊くのに20分強かかりますが、象印の通常モードでは42分かかります。 困ったときにもっと早くご飯が欲しければ、たった31分で鍋ができた「クイッククック」に切り替えることができます。 ご飯の品質は通常の料理ほど良くはありませんが、私たちが試したどのコンロご飯よりもはるかに優れています。

象印ニューロファジーを使った料理が素晴らしい理由はたくさんありますが、キッチンでの掃除がいかに簡単かということも気に入っています。 調理のたびに掃除が必要な取り外し可能な部品が2つあります。内側の鍋と内側の蓋です。 それぞれを簡単に取り外して、数秒で手洗いできます。 残念ながら、それらは食器洗い機で安全ではありません。 また、ご飯は均一に炊けるので、鍋の底に付着したご飯をこすり洗いする必要はありません。

象印ニューロファジー炊飯器と玄米

ニューロファジーは2つのサイズがあります。1つは最大5.5カップのご飯を炊くことができ、もう1つはなんと10カップを炊くことができます。 最小のサイズは10⅛x13x8⅛インチで、比較的簡単に小さなカウンターに収まります。最大のサイズは11⅛x14¼x9½インチです。 ポットはまた、引き込み式の電源コード(完全に伸ばされたときに45インチを測定)を備えており、スパチュラ、ポットに取り付けるスパチュラホルダー、および2つの計量カップが付属しています。

他の属性に加えて、炊飯器には再加熱モード、柔らかくまたは硬い食感でご飯を炊くモード、時計、タイマーもあります。 私たちのお気に入りは音楽です。NeuroFuzzyは、料理を始めたときと料理を終えたときに小さな歌を歌います。 それは純粋に表面的なものですが、私たちが本当に感謝しているプロセスに少し遊び心を加えるちょっとしたちょっとしたおまけです。

嫌いなもの

象印ニューロファジー炊飯器は嫌いなものはあまりありません。 最大の問題は、実際には価格と調理時間です。 あなたが20分でコンロでご飯を作ることに慣れているなら、あなたはニューロファジーにもう少し忍耐強くなることを学ぶ必要があるでしょう。 私たちの寿司飯は42分で炊き上がりますが、機械のマニュアルには、通常48〜55分かかると書かれています(5.5カップバージョンの場合)。 「クイッククック」モードは役に立ちますが、それでもストーブで調理するよりも少し遅いです。 しかし、失われた時間は、得られる米の優れた品質によって埋め合わせられる以上のものであると確信しています。また、手間がかからないため、残りの食事を準備することもできます(または他のことをすることもできます)。あなたが待っている間。

他の大きな欠点はその価格です。 230ドルは炊飯器に多額の費用がかかりますが、たくさんのご飯を炊くのであれば、投資する価値があると思います。 象印のソフトウェアのおかげで、コンロや簡単な炊飯器で炊くことができるご飯よりもはるかにおいしいご飯が得られます。さらに、ご飯ほど馴染みがないかもしれない他の種類のご飯を調理するときの未知数が少なくなります。ご飯。 またはお粥さえ。

他の炊飯器との比較

象印ニューロファジーは、炊飯器技術の世界で素晴らしい中間点を打ちます。 より基本的な炊飯器よりも優れた性能を発揮する便利な技術を備えていますが、誘導加熱や圧力鍋など、価格を上げる他の機能はありません。

Tigerには、Micomチップやその他の同様の機能を低価格で提供するオプションがいくつかあります。 タイガーJAX-T10U-K 約200ドルと タイガーJBV-A10U 約80ドル。 もう1つの人気ブランドであるCuckooは、MicomChips炊飯器を提供しています。 カッコウCR-0655Fこれは約100ドルです。

白米で開く象印ニューロファジー炊飯器

あまりご飯を作らず、ご飯のふわふわを気にせず、たまに安い炊飯器が必要な場合は、このような従来の炊飯器で満足できるかもしれません。 $50象印炊飯器 またはこれ ブラック+デッカーの25ドル炊飯器。 それについて少し更新したい場合は、 象印自動炊飯器 これも保温機能を備えていますが、NeuroFuzzyスマートはありません。約$130です。彼は アロマ家庭用品ARC-954SBD これは、40ドルで暖かく保つなどの確かな機能を備えたもう1つの主流のオプションです。

ニューロファジーよりもさらに洗練された炊飯器が必要な場合は、350ドルのような誘導加熱機を探してください。 象印誘導加熱システム炊飯器とウォーマーNP-GBC05 または310ドル タイガーJKT-D10UIH炊飯器。 そして、あなたが最高の最高のものを望むなら、あなたは次のような誘導と圧力鍋のオプションを見つけたいと思うでしょう 象印NP-NWC10XB圧力誘導加熱炊飯器 525ドル。

結論

誤解しないでください。230ドルは炊飯器に多額の費用がかかるように思われるかもしれません。 しかし、象印ニューロファジー炊飯器から得られる改善は、価格に見合う価値があります。 米のすべての鍋をふわふわで美味しくする驚くべき技術を持っていますが、他の最高の機能を超えてしまうことはありません。 パフォーマンスと価格の完璧なバランスが取れていると思います。そのため、私たちはそれを気に入っており、あなたもそうなると思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published.