2023 年以降の Windows 10/11 の更新プログラムはどうなりますか (2022 年 8 月 1 日) | ニュース BIGLOBE

年に一度のWindowsの大規模アップデート(機能更新)から随分経ちましたが、提供時期が下半期(H2)に決まったため、秋はWindowsのリニューアルの季節です. 新しいハードウェア製品の登場とともに、さまざまな発表が集中するシーズンになりそうです。
●Windows10「22H2」

お伝えした通り、2022 年 7 月 28 日 (米国時間) の Windows Insider Program Preview for Business に「Windows 10」の「22H2」が登場しました。 前に説明したように、インサイダー プログラムのリリース プレビュー ポジションは、最終リリース直前の検証に対応します。

つまり、正式なローンチ(GA: General Availability)は、時期は不明ですが、まもなく行われるということです。 通常1~2ヶ月程度の試用期間があるので、9月頃が目安となります。
リリース プレビューのブログ投稿によると、Windows 10 “22H2” は “限定された機能セット” として位置付けられており、新機能を大々的に提供するものではありません。
先に本誌のレポートで触れたように、Windowsの最新の分析によると、21H2と22H2の違いはほとんどなく、ユーザーが目にする変化はほとんどありません。 既存の Windows 10 ユーザーが更新プログラムを適用し、2025 年 10 月 14 日の次のサポート終了までオペレーティング システムのサポート期間を延長するための架け橋として重要な役割を果たします。
22H2はまだ正式に提供されていないため、このアップデートを適用することでサポート期間がどのくらい延長されるか、あと何回の「大きな」アップデートが提供されるかは不明ですが、このあたりは2022年秋にアップデートされる予定です。情報のサポートを確認して、もう一度検討したい。
●Windows11「22H2」
次はWindows 11「22H2」ですが、まずは修正したいと思います。 前回の報道では「Insider Previewの『Build 22000.776』を『22H2』として配信」のような表現がありましたが、実際には当時6月30日(米時間)に発表されていました。 リリース プレビュー ディストリビューション「ビルド 22621.169」では、22000 のビルド番号は 21H1 でした。
「22621.xxx」は22H2として配信されているので、再度確認したい。 より正確には、22H2には「Build 22621」と「Build 22622」の2つのビルドがあり、両方のビルドが同時に配布されるBeta Channelは次の場所にあります。
・Build 22622.440 = 新機能を実装。
・Build 22621.440 = 新機能はデフォルトで無効化されています。
例えば、7月28日(米国時間)に配信された「Build 22622.440」では、このビルドでのみ有効な新機能として「タスクバー オーバーフロー」が導入されています。 同じベータ チャネル内のビルドにこのような違いが存在する理由は、後述するように、「フィードバックによる機能検証」を目的としているためです。
つまり、GAで正式に採用されるかどうかも含めて現時点では不明であり、このテストに参加しないユーザーは、すでに主流になることが決定されている機能のみを含む「Build 22621.440」を使用する必要があります。 . 利用可能。
この機能はまだロールアウトを開始したばかりなので、ベータ チャネルのすべてのインサイダーが利用できるわけではありません。すべてのユーザーにプッシュする前に、フィードバックを監視し、どのように機能するかを確認する予定です。
この記事の執筆時点で、Windows 11 Insider Preview のリリース プレビューに提供される最新のリリース ビルドは「ビルド 22621.317」であり、タスクバー オーバーフローのような機能が含まれている場合、それより前のリリース ビルドのいずれかでその機能を有効にすることが期待されます。 GAに行われます。
Windows 11の配信スケジュールは不明
しかし、22H2の正式リリース以降、「Windows 11」のリリーススケジュールはやや不透明な領域に入りそうです。 ザック・ボーデン氏はWindows Centralについて触れていますが、MicrosoftはWindows 11に関して当初想定していた「年次メジャーアップデート」計画をすでにキャンセルしており、2021年以降のリリースは3年後の「」です。 「大型アップデート」という形に変わるとのこと。
今回、すでに「サンバレー2」という開発コードネームで呼ばれていた22H2がリリースされるが、2023年に「サンバレー3」とも呼ばれる「23H2」の計画は中止され、次回の大型アップデートの提供目標は「2024年」になる見込みとのこと。
一方で、「Windows Subsystem for Android」など「年4回」のタイミングでより詳細な機能アップデートが提供されるとのことで、大型アップデートとは関係のない時期に比較的大きな機能強化が行われる可能性がある. . かもしれませんが、重要なアップデートを適用するタイミングに問題を抱えていた法人ユーザーにとっては朗報かもしれません。
いずれにせよ、マイクロソフトはこの情報を公式に発表していないため、22H2 が GA になったときに、より詳細な情報がリリースされる予定です。 9月か10月かはわかりませんが、また発表があると思いますので、引き続きチェックしたいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published.