[AV Trends by Masakazu Honda]コンパクトで音質が高く、機能も価格も高い「SonosRay」サウンドバーを聞いたことがあります。 –AVウォッチ

Sonos Thunderbolt(白)

自分たちの製品を本当に信頼しているメーカーは、低価格の製品だからといって「行き詰まる」ことはありません。 そのジャンルで初めて低価格商品を購入する「エントリーユーザー」が多いからです。 ブランドに最初に触れたとき、それが安くて低品質であるなら、次に同じブランドを購入しますか?

2泊の弾丸スケジュールでニューヨークのリサイタルに参加するのを少しためらっていましたが、Sonosの新製品は、同社のサウンドバーの最低価格が279ドルであると発表しました。 。

ニューヨークでリサイタルが開催されました

559 x 95 x 71mm(幅x奥行きx高さ)のコンパクトなサイズと1.95kgの軽量は、サウンドバー製品の性質を考慮すると必ずしもポジティブではありません。 これは、スピーカーの常識では、小さくて軽いということは音質に不利な点があるためです。

昨年発売した小型ワイヤレスポータブルスピーカー「ソノスローム」(23,800円)は、ペットボトル500mlの大きさでありながら音質の良さで好評でしたが、 TV。あなたは思うでしょう。

Sonosが今年の夏にWi-FiおよびBluetooth対応のスマートスピーカー「ローミング」を発表

ただし、Sonos Rayはエントリー価格の製品であるにもかかわらず、非常に魅力的で高品質のユーザーエクスペリエンスを提供する製品でした。

心地よい音場と焦点の合ったボーカル。しかし、それだけではありませんでした。

デモルームでは、ソファのある部屋にテレビがあり、テレビが置かれたサイドボードにSonosRayがありました。

私を驚かせたのは、それがサイドボードではなく、内部にあったことでした。 棚に置くと、棚の周りの音が響き、音質が悪くなります。 しかし、Sonos Rayは、繊細なボーカルソングから印象的なシンセベースを備えたEDMソングまで、バランスの取れたサウンドであり、ボーカルのフォーカスが良く、歪みの少ない快適な声を楽しむことができます。

純粋なオーディオのような低周波再生能力は必要ありませんが、ベースの質感もしっかりと表現されており、とりわけ女性の声の高音の心地よい音から男性的なボーカルの厚みのある厚みのある質感まで、彼は焦点を緩めません、私はそれを表現することができました。

一方で、もちろんリーズナブルな価格でありながら、正確で心地よい音楽表現で、違和感はありません。 このようにして、一日中音楽を聴くことに飽きることがなく、音楽表現を損なうこともありません。 そんな音でした。

Sonos Thunderbolt(ブラック)

もちろん、サウンドバーと呼ばれる製品なので、テレビと組み合わせて使用​​することが最優先事項です。 ただし、SONOSワイヤレススピーカーは、サウンドバー上でも自律的にストリーミング音楽サービスを再生する機能があり、音声アシスタントとも互換性があります。 また、AirPlay2でのリモート再生もサポートしています。

SONOSは「SonosArc」(129,800円)や「SonosBeam(Gen2)」(59,800円)というサウンドバーも販売しており、今回はSonos Rayが低価格帯ですが、音質的にはキャラクターです。 。 、そして音楽体験はサイズを超え、iPhoneを使用して音場を調整するTureplayによる音質調整も行われました。

SONOSサウンドバー製品。 アーク、ビーム(Gen2)、レイ、最大モデルから順に

Sonos、「CinemaClassSound」「SonosArc」サウンドバー、11人のドライバー

Sonos、DolbyAtmos対応サウンドバー59,800円

日本での価格はまだ決まっていませんが、3万5000円くらいならライバルは遅かれ早かれレビューしなければなりません。

しかし、それだけがこの製品の良いところではありません。

また、サウンドバーの本来の目的であるテレビの音質も確実に向上します。

映画のオーディオポイントを押さえるサウンドを作成します。

「低価格ながら音質も良い」ですが、ハイエンドモデルもあるので、どこかで値下げの要素があります。 Sonos Rayの場合、サウンドバーに必要な最小限の機能セットにすることで、ハードウェアの価格を下げるようです。

たとえば、Wi-Fiは5GHz帯域をサポートしていません(もちろん、Wi-Fi 6ではありません)。 HDMI端子が付いていないため、HDMI ARC(オーディオリターンチャンネル)でテレビと接続できず、テレビ側からのHDMIによる制御はできません。

音声入力は光デジタル端末のみで、リモコンは赤外線のみ対応しています。 テレビメーカーのコードを登録することで、SonosRayはテレビのリモコンに応答します。

ほとんどのオーディオ機能はスマートフォンのAlexaまたはSONOSアプリから実行できるため、実際の手間はほとんどありません(海外モデルでもGoogleアシスタントを使用できます)。

ドルビーアトモスはサポートされていませんが、これもコンパクトなフロント専用サウンドバーであることを考えると、そもそもサポートの必要はないと思います。 Atmosのサポートが必要な場合は、SONOSArcなどを検討する必要があります。

ただし、それはサラウンドサウンドをサポートしていないという意味ではありません。ドルビーデジタルまたはDTS信号を入れると、強力で安定した音場で強力なサウンドを楽しむことができます。 結局のところ、それを仮想環境とは呼ばないでください。 たとえば、2つのロームを設定してサラウンドスピーカーとして指定し、サラウンドサウンドを楽しむ場合にのみドラムキットの左右に配置することができます。

少し外れた話題でしたが、線が聞き取りやすかったのが印象的でした。

サラウンドサウンドのセンターチャンネルは、線がはっきりと聞こえるように調整されていると言われています。 また、SONOSアプリを使用すると、ダイアログの音量を調整して聞き取りやすくすることができます。

サラウンド音場サイズと明確な対話表現。 この小さなサウンドバーでは、映画のオーディオ製品の重要なエッセンスが完全に組み合わされています。

開発チームもリサイタルでステージに上がりました

「音楽のみの音声制御」

Sonos Rayは、音楽ストリーミング用の最も費用効果の高いサウンドバーとして、SonosRoamに匹敵する成功した製品になる可能性があります。 これは、音楽との親和性(音質だけでなく、音楽関連サービスとの互換性も含む)が他にないためです。

今回、SONOSはSonosRayと同時に「SONOSVoice」という音声制御サービスも発表しました。 通話のキーワードは「Hello、SONOS」です。

まず第一に、それは英語でのみ利用可能であり、まもなくフランス語で利用可能になります。 残念ながら、現時点では日本語のサポートは決定的ではありません。

しかし、まず第一に、SONOS製品はGoogleアシスタント(海外のみ)とAlexaもサポートしています。 その上に独自の音声制御機能が必要なのはなぜですか?

実際に使ってみると本当のように見える部分がありますが、その前はSONOSとAlexaの音声制御機能が共存できます(Googleアシスタントとは共存できません)。

必要に応じてSONOSVoiceまたはAlexaを使用できますが、SONOS音声制御は音楽再生に特化しているため、使い勝手が大きく異なります。

多くの音声助手はスキルが異なるため、スキル名を1つずつ指定するか、音楽ストリーミングまたはラジオ配信サービスを指定する必要があります。

ただし、SONOSの場合、SONOSスピーカーで音楽や音声のストリーミングサービスを使用することが前提条件であるため、同じ単語を何度も繰り返す必要はありません。

たとえば、最初に「Apple MusicでXXXを再生」と言うことができますが、それがAppleMusicであることを指定する必要はありません。 SONOSは独自のインターネットラジオチャンネルも作成しているため、気分や瞬間に応じて音楽の再生要求に柔軟に対応できます。

ほとんどの場合、SONOSアプリでできることはすべて音声で操作でき、機能の範囲も狭いため、音声認識の精度は高いようです。 日本語に関しては、どれだけ経験レベルが上がるのか注目したいのですが、今のところ、この機能には前向きです。 または、他のワイヤレススピーカーよりも大きな利点になると思います。

この機能は、Bluetooth経由でも使用できます。 SONOS製品は基本的にWi-Fi経由で自律的にインターネットサービスに接続しますが、Bluetoothスピーカーとして使用すると、スピーカー自体がコマンドを認識し、接続されたスマートフォン経由でコマンドを実行します。

人気のロームの自然をテーマにした3色

最後に、昨年発売されたSonos Roamに新色が追加され、SONOSの日本での認知度の向上に大きく貢献しました。

これまでは黒と白の2色で販売されていましたが、現在はオリーブ(オリーブグリーン)、ウェーブ(オーシャンブルー)、サンセット(サンセットオレンジ)が追加されています。

それらはすべてアウトドアアクティビティから着想を得ており、Sonos Roamは、長期のバッテリー動作を実現できる防塵および防滴設計のイメージを備えています。 価格は変わらない(23,800円、今夏国内発売)。

SonosRoamに新しい色が追加されました。 左から、サンセット、ウェーブ、オリーブ

2018年に市場に参入した当時、日本ではブランドとしてあまり知られていませんでしたが、2005年のネットワークオーディオプレーヤーの発売以来、常にユニークな老舗店です。

そしてAppleの焦点にもかかわらず、それは世界的に圧倒的な存在感を持っており、誰にも負けない。 なぜですか?Sonos Rayのリーズナブルな価格と、そこから生まれる音質を聞くことで、それを理解できます。

結局のところ、音質はオーディオ製品の寿命です。 音が悪いと、デザインやパフォーマンスがどんなに優れていても、誰もそれを望んでいません。

体験会ではなく、自分の環境での評価を経て結論を出したいと思いますが、最初にニューヨークを訪れたことを後悔しているわけではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published.