Googleドキュメントは自動要約であり、Meetsは文字起こしです。 「OK、Google」は消えますか? -プリントウォッチ

Google I/Oで発表されたのは「アンドロイド「だけでなく、検索やセキュリティなどの要素も含まれています。

すべての要素を網羅するのは難しいですが、特に興味深いのは、AIを備えたGoogle Workspaceの進化と、マップとGoogleアシスタントの改善です。 Google I / O 2022から、Googleの未来を見ることができます。

要約と自動転写によるシームレスなコミュニケーション

GmailとGoogleドキュメントを含む「GoogleWorkspace」機能から始めましょう。

今年の2月、Googleドキュメントには「自動履歴書」機能が含まれていました。 目標は、ドキュメントの流れをより短時間で理解することでした。

・新しいGoogleWorkspace機能とのコラボレーションを促進する

その流れに応えて、「Gmail」を前にした「スペース」に「auto-summary」を導入します。 プロジェクトごとのダイアログに「まとめ」が表示されるので、コミュニケーションの内容をすぐに把握できます。 この機能は「数か月以内に」展開されると彼は語った。

サマリー関数の画像。 「ダイアログの概要」が最初に表示される場所に注意してください。

同時に、「自動文字起こし」機能がGoogleMeetの会議に追加されます。 これは同じ考えです。 さらに、転記された議事録も「要約」されます。 トランスクリプトは今年後半に公開され、要約は2023年に公開されます。

GoogleMeetで会議を自動的に転記します。 2022年後半に導入される予定です。来年には、ミニッツサマリー機能も登場します。

GoogleMeetの「PortraitRestore」と「PortraitLite」

際立っているGoogleMeetの機能の1つは、会議中の煩わしさを排除することです。

ビデオ会議の数が増えると、「照明」と「マイク」が問題になります。 結局のところ、カウンターのライトやマイクを解体した人はたくさんいます。

グーグルはソフトウェアの力でそれを修正するようになりました。 「ポートレート復元」機能と「ポートレート書き込み」機能。 ショートカットは下の画像を参照してください。

「ポートレート復元」機能は、バックライトによる暗い画像を補正し、低解像度の画像を補完し、画質の向上を容易にします。

「ポートレート復元」機能バックライトや低解像度などのビデオ会議での表示の難しさを解消します。

「ポートレートライト」機能を使用すると、ソフトウェアの力で疑似ライトを作成し、ライトの位置を自分で変更して、顔が見やすくなります。

「ライトポートレート」機能仮想ライトを作成し、顔が見やすくなります。

また、マイク音に残るリバーブを減らし、スタジオで録音した音に近い、聞き取りやすい音に変更する機能もあります。

リリース日は発表されていませんが、多くの人にとって間違いなく魅力的です。

Googleマップの「ライブビュー」がアプリ開発者にリリースされます

グーグルマップに関しては、ARを利用した機能のインストールが際立っています。

グーグルはこれまで「3Dマップ」と「空間化」を推進してきました。 2022年の後半には、「イマーシブビュー」と呼ばれる3Dマップがロサンゼルス、ロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、東京で利用できるようになります。

ARを使用した「ライブビュー」機能により、実際の風景からの方向がわかるため、「歩き始めたとき」のエラーを減らすことができます。 すでにグーグルマップにインストールされており、屋内外で使用できますが、今後さらに可能性が広がります。 これは、ライブビューを使用するための「ARCore Geospatial API」が開発者にリリースされ、アプリケーションに組み込むことができるためです。

たとえば、ドイツのメルボルンにあるマーベルスタジアムでは、テルストラとアクセンチュアが共同で「バーコードによる座席と店舗の検索」機能を開発しました。

「ライブビュー」は、バーコードを手がかりに、スタジアム内の座席と店舗の場所を示します。

電動スクーターのサービスプロバイダーであるLimeは、ロンドン、パリ、テルアビブ、マドリード、サンディエゴ、ボルドーで電動スクーターと自転車のレンタルアプリでLiveViewをテストしたと述べました。

電動スクーターと電動自転車のレンタルアプリで一部の都市で「ライブビュー」をテストするライム

また、NTTドコモは好奇心と連携してARを駆使して実シーンでドラゴンを倒すゲームを開発しています。

NTTドコモと好奇心で開発中のARゲーム

大量の地図データを持っているグーグルがそのような機能を提供しているという事実は、ARアプリケーションの台頭に大きな影響を与え、同様のプラットフォームを開発するためにライバルを鼓舞するでしょう。

「HeyGoogle」はGoogleアシスタントから削除されましたか?

検索技術の中で、多くの人に影響を与え、特に心配しているのは、音声アシスタント「Googleアシスタント」の変更です。

Googleアシスタントと言えば、「ねぇGoogle(OK、Google)」で始まります。 または、画面をタッチして操作します…面倒です。

そのため、ここでは大幅な改善が行われました。

一つ目は「クイックフレーズ」です。

「OKGoogle」がなくても、「ライトをオンにする」や「タイマーを10分に設定する」などの一般的な日常のコマンドを認識できるようになりました。

「クイックフレーズ」。 一般的なコマンドは、自分の声だと認識して反応し始めました。使用するには「NestHubMax」が必要です。

二つ目は「ルックアンドトーク」です。 「NestHubMax」スマートディスプレイの画面を見ながら話すことで、「HeyGoogle」がなくても機能を検索して利用できます。

Nest Hub Maxを見ながら話していると、「HeyGoogle」がなくても機能を見つけて使用できます

その秘訣は「ネストハブマックス」を使用していることです。 そのため、現在、すべてのデバイスで利用できるわけではありません。

Nest Hub Maxには、「あなた」と声や顔を区別する機能である「ボイスマッチ」と「フェイスマッチ」があります。 これを使用することで、所有者が話していることを確認してから、「OKGoogle」をスキップできます。 また、この機能の実装は最初に英語になります。

もう一つの興味深いことは、「停滞」への反応です。

話しているときに「ええと」と言うことがよくありますが、アーティスト名などの適切な名詞が中央に表示されない場合もあります。 人間の対話はその部分をカバーすることができましたが、音声アシスタントにとっては困難でした。 そのため、「精密コマンド」となると使いづらい部分があります。

道に迷って「うーん」と感じても、Googleアシスタントが正しく待機し、意味を理解できるようになります。

今回は新しい言語モデルと音声モデルを構築し、「相手はまだ話を終えていない」ということを理解して対応することで、「失速に強い音声アシスタント」を実現したと言われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.