HIVにおける腎臓病の個別のケアは結果を改善することができますか?

より良い腎臓プロファイルを持つ抗レトロウイルス薬にもかかわらず、HIVと共に生きている患者の割合は 慢性腎臓病 (CKD)は、前向きコホートで明らかにされたように、10年間で4倍から2%近くまで増加しました 勉強 に発表されました HIV薬。

学際的なアプローチは、薬物相互作用と毒性を予測し、死亡と入院を減らすのに役立つ可能性があると、研究の著者は結論付けています。

HIVと共に生きる人々における進行性CKDの有病率のコホート研究において、研究者は48週間にわたる個別の学際的臨床管理の下でCKDの進行を評価した、と対応する著者のアンナ・ボンジョッホ医学博士、HIV部門、FundaciónLluita Contra la Sida、ドイツHospital Universitario Trias i Pujol、バルセロナ、スペイン。 臨床管理には、参加者の進化を継続的に監視する治療の批評的レビューと、症例について話し合い、特定の介入を設計するための定期的な学際的会議(看護師、腎臓内科医、HIV専門医、栄養士)が含まれていました。

2019年6月から2020年6月の間にスペインのバルセロナにある著者の診療所に通ったHIVと共に生きる3,090人のうち、55人が腎臓病組織の基準に基づいて決定されたCKDを進行させました。グローバル転帰の改善(KDIGO)(1.8%コホートの;95%CI、1.31-2.25)。 全員が白人患者であり、大多数は男性でした(83.6%;年齢中央値58歳)。

高度なCKD患者の中で、最下点のCD4 T細胞数は135.5(四分位範囲)でした。 [IQR]、43.5 – 262.75)細胞/μL、現在のCD4 T細胞数は574(IQR、438.5 – 816)細胞/μLでした。 参加者の96%でウイルス抑制が維持されていました。 最も頻繁な併存症は動脈でした。 高血圧 (85.5%)、続いて脂質異常症(49%)。 ほとんどの人はステージG3b+CKD(n = 29、52.7%)であり、続いてステージG3a +(n = 18、32.7%)でした。

学際的なフォローアップを通じて、3人(5.5%)が推定糸球体濾過率(eGFR)の変化により、用量調整または抗レトロウイルス療法の変更を必要とし、11人が近い将来に用量を減らす必要がある可能性があるという警告を受けました。 eGFRの劣化の。

参加者の間で有害事象は報告されませんでしたが、8人は相互作用する薬を受け取り、5人(9%)は cobicistate 免疫抑制薬と併用して、 クロピドグレルエプレレノンまた アピキサバン。 移植リストに載っている1人の患者には、相互作用を避けるために抗レトロウイルス療法の変更が推奨されました。

48週間の追跡期間中に、55人の患者のうち9人(16.4%)で腎状態の改善が観察されました。 1人の患者のCKDはステージG5からG4に再分類され、4人はG3b+からG3a+に再分類され、4人はG3a+から通常のパラメーターに再分類されました。

CKDはHIV患者の高齢化の問題になっています

腎臓の怪我は、HIVと共に生きる人々とCKDに関連する人々の間で3倍頻繁に見られます。 タンパク尿 心血管イベントと死亡率の増加と強く相関しています。 従来の危険因子に加えて:高血圧、脂質異常症、糖尿病、腎毒性の可能性のある薬、 肝炎 重複感染:CKDのHIV特有の危険因子には、感染からの経過時間、慢性全身性炎症、免疫状態、および特定の抗レトロウイルス薬の投与が含まれます。

著者らは、これらすべてが、HIVと共に生きる人々、特に末期腎疾患を持つ人々のために、特定の学際的な臨床管理を必要としていると述べています。

前向きコホート研究の患者は、KDIGOの定義に従って層別化されました:eGFR≥45および<60 mL / min / 1.73 m2 尿中のより多くのタンパク質>300mg / g(グループG3a +); eGFR≥30かつ<45ml/ min / 1.73 m2 およびタンパク尿≥30mg/g(G3b +); eGFR≥15かつ<30ml/ min / 1.73 m2 (G4); およびeGFR<15ml/ min / 1.73m2 (G5)。

最良の個人管理アプローチは、腎臓内科医(常に同じ)との直接の訪問を通じて決定されました。 HIV感染 そしてそれは併存疾患の治療を最適化し、 腎生検、移植および透析(腎代替療法)。 患者はまた、栄養を評価し、推奨を行った栄養士と年に2回会いました。

厳格な管理にもかかわらず、腎臓のパラメーターは4分の1未満の人で改善した、とBonjochと同僚は述べています。 患者の大部分は、最終的に腎代替療法を必要とし、合併症を発症し、入院し、または死亡しました。

高血圧(G5では100%)、心血管疾患(32.7%)、および脂質異常症(49%)の高率(85.5%)が、この高齢者集団の腎臓病の一因となる可能性があると著者らは推測しています。

半数強(56%)が座りがちな生活を送っていました。 「座りがちな生活は併存症(脂質異常症、高血圧など)を悪化させる可能性があります」とBonjoch氏は述べています。 Medscape Medical News インタビューで。 「身体運動の利点には、前述の併存疾患の改善と虚弱の予防が含まれるため、これは主に治療の焦点となる領域です。」

この集団における主要かつ複数の併存疾患により、綿密なフォローアップと学際的なアプローチの必要性が確認された、と著者らは書いている。 「併存疾患は、進行した腎機能低下とともに、改善を困難にします。 多くの併存疾患の存在は状況を悪化させ、臨床イベントを非常に頻繁にします」とBonjochは付け加えます。

用量調整と可能な薬物相互作用の必要性

コネチカット州ニューヘブンにあるエール大学医学部の臨床およびトランスレーショナルリサーチアクセラレーターの准教授でありディレクターであるF.ペリーウィルソン医学博士は、次善の投薬管理がこの研究の重要な発見であると述べた。

「これは驚くべきことではない」と彼は言った。 Medscape Medical News。 「抗HIV薬の投与は複雑であり、腎臓病の存在によってさらに複雑になります。著者は、この集団におけるこれらの問題に取り組む学際的なアプローチが有益である可能性があることを示唆しています。私は同意しますが、この研究はそれを示すことができません。これ研究は問題があるかもしれないことを強調していますが、実行可能な解決策があることを示すために(適切な対照群を用いた)より大規模な研究が必要になるでしょう。」

ウィルソン氏はさらに次のように述べています。「人々に正しい用量の薬を服用させることは良いことですが、必ずしも彼らがより良い結果を得るという意味ではありません。投薬ガイドラインはしばしば生理学的に明確に描写されていますが、薬の投与方法には多くのばらつきがあります。言い換えれば、将来の研究では、この集団で薬物投与を改善できることが示される可能性がありますが、これがより良い臨床転帰(透析の回避や継続的なHIV抑制など)につながることを示すことはより困難になります。

研究の限界について言えば、Bonjochは、グループのサイズが小さいため、介入が効果的であるかどうかを判断するためのコントロールグループを作成することができなかったと述べました。

この研究は資金提供を受けていません。 著者とウィルソンは、関連する金銭的関係を開示していません。

HIVメッド。 2022年4月26日にオンラインで投稿されました。 履歴書

その他のニュースについては、Medscapeをフォローしてください。 フェイスブックツイッターインスタグラムY Youtube

Leave a Reply

Your email address will not be published.