NILを忘れてください-これらは大学のリーダーが解決する必要がある本当の問題です

大学の陸上競技を何世代にもわたって厄介な道へと導いた一貫した近視があります。 これは、業界を現在の状態にスパイラルさせたおなじみのパターンです。

リーダーは問題が明らかになるまで待ってから、11時間の解決策を求めてスクランブルをかけます。 彼らは、ダムに固執するためにある種の一時的なバブルガムの解決策を吐き出すのに十分な管理上の力を集めます。 その後、洪水が避けられたときに息を吐き、目をそらし、他の場所で水が噴出していることに気づきません。 このサイクルは何度も繰り返されます。

だからここに私たちは最新の自作の大学陸上競技の緊急事態-名前、画像、肖像の執行-を持っています。 または執行の欠如。 これは、NILのショットガンの導入から1年も経たないうちに発生しました。 おなじみですか?

管理者は先週、スコッツデールのブーンドッグルを中心に構築された一連の会議に集まり、フィエスタボウルの幹部がフェロンに転向したことで有名になりました。

ダムが壊れている、彼らは再び叫んだ。 小委員会をまとめて、来年の大騒ぎまで全員を落ち着かせるのに十分な長さではない一時的な解決策を見つけましょう。 多くの人はそれがおそらくうまくいかないだろうとさえ認めました。 みんなへの怒り! 風船ガムを見つけよう!

このパターンは、意気消沈するのと同じくらい予測可能です。 特に、スポーツのリーダーが心配すべき本当の問題、つまり 数十億 数百万ではなく、危機に瀕している-はるかに大きく迫っている。

大学の陸上競技には革命が必要であり、同じ漸進的で効果のない進化ではありません。 指導者たちは、今の不満を満足させるための立法をやめ、大学の陸上競技が次世代で実際にどのように見えるべきかを想像し始める必要があります。 次に、そのビジョンに向かって動き始めます。 そしてそれはNCAAのはるかに少ないものを含むべきものです。

「どんな形でも [the future] かかる、それは人々が考えるよりもはるかに速い」と著名な大学関係者は言った。

昨年6月、最高裁判所は、NCAAが学校がアスリートに提供できる教育関連の利益を制限することにより独占禁止法に違反しているとの判決で、NCAAの偽善を明らかにしました。

「NCAAは法を超えていない」とブレット・カバノー裁判官は賛成意見で書いた。 「NCAAは、学生アスリートに無害なラベルを支払わないという主張を表明しています。しかし、ラベルは現実を隠すことはできません。NCAAのビジネスモデルは、アメリカの他のほとんどの業界ではまったく違法です。」

判決はまた、大学スポーツが将来どのように見えるかについてのビジョンを与えました。

アルストン事件の最高裁判所のロードマップには、将来をリードする個々の会議が含まれています。 判決の中で何度も何度も、裁判所は「個々の会議は彼らが選択した規則を自由に課すことができる」と強調している。

そしてある時点で、それはプレーヤーのためのある種の報酬モデルに進化するでしょう-何十億ものテレビ収入から得られます。 真珠が外れるのは時間の問題です。 学校の学長と会議委員が尋ねる必要がある質問は、裁判所にこれを強制するかどうか、または最終的に自分の未来を作りたいかどうかです。

大学の学長は、主にこのリーダーシップの轍のせいです。 彼らは、フルタイムの関与を必要とする10億ドル規模の組織のパートタイムのリーダーです。 彼らは、NCAAの退任する社長であるマークエマートを約10年間支えすぎており、タブは年間400万ドルに達していました。 それは大学のスポーツの基準でさえとんでもないことです。

それで、大統領は彼ら自身を償還して、サイクルを終わらせることができますか? 情報筋によると、主要な大統領はこれまで以上に最高レベルで関与しているという。 彼らはする必要があります。

指導者は、裁判官や政治家に任せるのではなく、それらの決定を下したくないのでしょうか。

長期的な戦略は、シボイガンのブラウニー部隊のリーダーがNCAAの会長よりも強力であるという認識から始める必要があります。 最近のNCAAのリーダーシップは、戦略としての法的または議会の介入を祈ることに発展しました。

会議が主導権を握る必要があります。 そして、ビッグテンとSECの外にあるパワー5リーグは、収益ギャップの予測が彼らの将来をどれだけ損なう可能性があるかを強調するために、毎日会議室で警報を鳴らしているはずです。

このすべてのNILテール追跡が行われている間、Big TenとSECは、主張されているピアパワーリーグから非常に早く離れているため、収益のギャップのために、すぐに別の地震の再編成シフトの準備ができているようです。 そして、人々がこれが来るのを見なかった唯一の理由は、彼らがナンセンスに気を取られていることです。

これらの2つのパワーリーグのどちらにも属していない賢いリーダーは、会議から年間収益のほぼ2倍を受け取る学校と間もなく競争することを知っています。 これは持続不可能な競争モデルであり、現在議論されているよりもはるかに早く、より劇的に大学のスポーツを揺るがす運命にあります。

「解決策は、独占禁止法を引き起こさない小さな単位です」と、別の著名な大学のリーダーは言いました。 「それが今日の会議をユニットとして考える方法かどうかはわかりません。」

ここでの本当の役割は、NILの誘因について心配するのではなく、会議がNCAA規制について心配するのをやめ、次の数十億を使用して誘因を作成するモデルを作成することです。

光沢のある新しい設備とウェイトルームを忘れてください。 ビッグテンとSECは、数年以内に同業他社の2倍になると予測される収益を活用して、フィールドで距離を置く方法を見つける必要があります。 他のパワーリーグは、頭脳の力を使って、追いつくための創造的な方法を見つける必要があります。 2020年代半ばには、ビッグテンとSECの各学校が約1億ドルのリーグ支払いを行い、次の3つのリーグ(ACC、ビッグ12、Pac-12)が約その半分。

予測は気まぐれであり、はるかに遠い詳細はトリッキーです。 しかし、USC、オレゴン、クレムソン、UNCなどの大手ブランドにとって、年間3,000万ドルのギャップ(見積もりの​​中で最も保守的)でさえ、競争力を維持することはできません。

フロリダ州は、避けられない経済的優位性を曲げることができれば、フロリダ州への新兵を失うことは決してありません。 USCに反対するオハイオ州についても同じです。

これらすべての大統領は、10億ドル規模のビジネスの人材獲得モデルは、外部の集団に頼ってプレーヤーを募集し、維持するよりも洗練されているべきであることに同意するために、派手な学位を必要としません。 それは本質的に今の才能のビジネスモデルです-前のスタークォーターバックが次のものを誘惑するためにNFTファンドを始めさせてください。 または、厄介な外部モデルがどのように機能するかを裁判所に決定させます。 これは、ルーレットに赤を賭けて、引退計画とほぼ同じくらい持続可能です。

別の著名な関係者は、「誰もがこれまでのことに固執している」と述べた。 「彼らは何ができるのか見極めるのに苦労している。誰もがNILに焦点を合わせているが、それは問題ではない。それは問題の兆候だ。それが今のようになった理由は、私たちが市場の価値を抑制しているからだ」

大統領は、彼らが何十年にもわたって発芽させてきたすべてのアマチュア主義の宣伝を埋め、大学フットボールとバスケットボールでの奨学金取引の日々が終わったことを認識しなければなりません。 収入のあるスポーツは、実行するのにより多くの費用がかかります。 彼らは最高の才能を引き付けるためのモデルを理解する必要があります。 収入源はそこにあります。

それで、解決策は何ですか? 彼らが学校にいる間、それはすべての収入アスリートのNILを1つのレートで購入する学校またはリーグでしょうか? パワーリーグのすべての学校のすべてのプレーヤーが給料をもらえるように、それは給料のためにテレビのお金を吸い上げることでしょうか? (その後、そこから実際のNILを取得できます(スタークロス現在のシステムではありません)。)

アスリートを従業員と見なさずに、これをすべて創造的に行うことはできますか? もしそうなら、これがまだ教育モデルに厄介に結びついていることを考えると、それはまったく新しい一連の課題を開くでしょうか?

Pac-12の新しいテレビ契約が、最大のブランドであるUSC、オレゴン、UCLA、ワシントンに追加の収益をもたらす創造性を持っているかどうかを確認するのは興味深いことです。 新しいPac-12コミッショナーのGeorgeKliavkoffが、リーグが西部でトップの才能を維持するための創造的な方法を見つけることができるかどうかを確認することも同様に興味深いでしょう。

Pac-12の契約は、2023年のフットボールシーズンの後に、期限が切れる権利の付与とともに予定されています。 これは、そのリーグの最大のブランド、特にUSCが従来の契約の外で指揮できることの魅力的なテストケースになるでしょう。

最近、ノートルダムアスレチックディレクターのジャックスウォーブリックは SI.com ディビジョンIのある種の離脱は「避けられない」ということです。 しかし、それは実際には分裂ではなくプルアップの形でやってくるかもしれません。 つまり、ACC、Pac-12、Big 12の十分な力を備えたプログラムは、最高の収益リーグに参加することができます。

SECコミッショナーのグレッグ・サンキーは、新しいコミッショナーのバンドが彼らの頂点で何年にもわたる拡大交渉を打ち切った後、次のカレッジフットボールプレーオフで譲歩する気がないかもしれないと指摘しました。 プレーオフの話し合いは一時停止しますが、金融格差の重力はSECレバレッジの強力な柔軟性です。 多くの人が、ビッグテンの外で全国プレーオフの収益、露出、ライフラインをますます必要としている他のリーグで、サンキーがどれほど落ち込んでいるかを過小評価しないように警告しています。

SECはそのボールを取り、独自のポストシーズンを開始できますか? 彼らはアライアンスにプレーオフをまとめて勝者を演じることをあえてすることができますか? これまでのところ、手をつないで一緒に作業することは失敗しました。 そして、リーグの個別化は、インディアナポリスの誰かよりもはるかに多くの大学陸上競技の未来を築き上げるでしょう。

大学スポーツの教育的要素であるタイトルIXと10億ドル規模のNCAAトーナメント契約など、離脱には障害があります。 だからこそ、革命と大学の指導者が道を選ぶことがとても重要なのです。

そして、なぜリーダーは現在のシステムの修辞的なサイクルではなく、実際の問題に焦点を合わせる必要があるのか​​。

Leave a Reply

Your email address will not be published.