[Plan de mejora del entorno de trabajo]ロジクール MX MECHANICAL MINI レビュー:Androidにも対応! 薄型ながらメカニカルなビジネス向けフラッグシップキーボード! – ORFOLDER

他の日MX Master 3Sのレビューその結果、ロジクールはMXマスターシリーズの最新キーボード「MX MECHANICAL MINI」をレビュー用に提供した。 メカニカルキーボードでありながら背の低いロープロファイルタイプのキーボードです。

ちなみに、この記事はMX MECHANICAL MINIを使って書いています。

  • ロジボルトとBluetoothの接続変更可能!
  • メカニカルなのに短い!
  • 高い
B0B1Q6H9X5

職場環境改善計画

この連載では、いつも記事を書いたり暇つぶしを楽しんだりしているGalaxy Tab S7の作業環境を改善するために購入した製品を紹介します。 単なるレビューではなく、Android で PC 版を使用した感想をお伝えしたいと思います。

Logitech MX MECHANICAL MINI の仕様

黒鉛
製品型番 KX850
無線規格対応 Bluetooth BLE、USB Standard A (Logi Bolt USB レシーバー)
キーシャフト クリッキー(ブルーアクスル):KX850CC
タッチマフラー(茶軸):KX850CT
リニア(赤軸):KX850CL
キー数/th> 89鍵
ドラム 内蔵充電式リチウムポリマーバッテリー (1500 mAh)
フル充電で最大15日間、バックライトオフで最大10ヶ月
1分の充電で3時間使用可能
本体サイズ(キー含む) 約26.10×312.60×131.55mm
Logi Bolt USB レシーバーのサイズ 約18.4×14.4×6.6mm
重さ 約612g
システム要件 (BLE) Windows 10.11 以降
macOS 10.15 以降
Linux
Chrome OS 14 以降
Android 8.0 (オレオ) 以降
*WindowsおよびmacOS以外のシステムでは、デバイスの基本機能はソフトウェアなしで動作します

パッケージ内容


パッケージです 黒というよりグレーがかったパッケージには、MX MECHANICAL MINIの写真が大きく写っています。

なお、サステナビリティにも配慮し、パッケージにはFSC認証紙を使用しています。 ボディワークも 47% の認定リサイクル プラスチックで作られ、アルミニウムは再生可能エネルギーを使用して作られているため、二酸化炭素排出量はゼロです。

MX MECHANIC MINIは紙で包まれています。

コンテンツのリスト。 MX MECHANICAL MINI本体、ロジボルトUSBレシーバー(型番:LBUSL1)、USB-C充電ケーブル(USB規格A~タイプC)、保証書、保証書、廃棄時のバッテリーの取り出し方説明書が付属Logi Options+ を PC にダウンロードしてインストールする必要があります。

MX MECHANICAL MINI ボディワーク

MINI MECHANICAL MX ボディワーク。 サイズは幅312.60mm×奥行131.55mm×高さ26.10mmとコンパクト。

グラファイトの色は1色のみです。 グラファイトといいますが、実際の色はグレーという方が適切な気がします。 MX Master 3Sのようなグラファイトよりも間違いなく光沢があります.

裏です。


もちろん、チルトスタンドもご用意。 角度は8°です。

本体右上には電源スイッチと充電用のUSB Type-Cポートがあります。

充電中はインジケーターが緑色にゆっくり点滅します。 ちなみに充電はUSB Type-C to Cケーブルでも可能でした。

キースイッチ

キー スイッチは、Kailh 薄型メカニカル スイッチです。 Kailh は、Razor キーボードのようなスイッチも製造しているメーカーです。

見た目からしてKailh Choc V2のように見えますが、公式には「ロープロファイル」としか発表されていないため、カスタマイズが可能です。

MX MECHANICAL MINIの重要な特徴は、メカニカルキーボードでありながら薄型のスイッチを採用していることです。

最近は薄型のメカニカルキーボードが増えていますが、まずメカニカルキーボードはゲーミング用が多く、薄型のゲーミングキーボードが多いです。 ビジネス向けの薄型メカニカル キーボードは、存在しないとまでは言わないまでも、まれです。

ブログでキースイッチの種類を簡単に説明しています。 ご覧ください。

使用する

MX MECHANIC MINIは合計3台まで接続可能です。 接続には 1 ~ 3 の番号があり、機器同士が登録 (ペアリング) されます。 何をどこに登録するかは固定ではなく、USB レシーバーでも 1、2、3 のどこにでも登録できます。

ペアリングするときは、キーボードの数字キーを使用して、画面に表示された数字を入力してペアリングします。 数字はランダムに生成されます。

一度ペアリングした後、ボタンを長押しすると数字が高速点滅してペアリングモードになるので、そこで再度ペアリングできます。

使用後の感想:配列、打鍵感など

私は決してKeyChron K8 (Gateron ブラウン シャフト ホットスワップ対応モデル)普通のメカニカルスイッチで鍵盤無しの鍵盤を使っていました。 このKeyChron K8と比較して、実際の使用感を紹介します。

登録オプション+

Windows PC/mac OS、Logi Options+(ロジクール オプションとは異なります)用のソフトウェアをダウンロードしてインストールすると、DPIやボタンマッピングなどの各種設定を行うことができます。 記事作成時点では、ソフトウェアはPCでのみ利用可能です。

Logi Options+がインストールされたPC同士で、OSが異なってもコピー&ペーストできる「Logicool Flow」を利用できます。

Android端末に接続して使う

普段Galaxy Tab S7で書いているので、Android端末との相性も重要なポイントです。 幸いなことに、この製品は Android デバイスと正式に互換性があります。

今まで使っていたKeyChron K8はAndroidに対応していましたが、省電力機能のせいか、10分無操作で自動的にログオフしてしまいました。 ログアウトまたはログインし直すたびに、Web ブラウザーが自動的にリロードされるので、かなり神経質になりました。 MX MECHANICAL MINIは自動で電源が切れないので、この点だけでもかなり快適です。

書き込み音

タイピングゲーム(4K60p)で遊んでいる様子を撮影しました。 スマホで撮ったので音は大きめですが、実際はもう少し静かです。 また、書くときに爪を抜く癖があるので、そこも気をつけないといけません。

今回ご提供いただいたのは赤軸で、青軸よりも音が小さくなっています。 個人の癖にもよりますが、オフィスで使っても大きな問題はないと思います。

打鍵感

打鍵感は全然違いますが、適度な機械感がありました。 スリムなのに打鍵感が機械的で、一瞬理解に追いつかなかった。 ただし、作動点が物理的に短いので、深く押し込みたい方には不向きです。

キーボード・レイアウト

キー配列は、ホームキーなどを持つ配列です。 ラップトップに表示されるエンターキーの外側。 MINIではないMX MECHANICALにテンキーが付いていて大きすぎると思いMINIを送ってしまいました。

シンプルなキーレス レイアウトでは、Enter キーの近くに外部キーが配置されることはほとんどありません (多くの場合、スペースがあります)。 限界は触覚や距離感でなんとなくわかるので、押し間違えることはほとんどありません。

ただし、Enter の近くに配置すると、紛らわしく、タイプミスが発生しやすくなります。 キー配列は個人の好みや好みによるのであくまで個人的な話ですが、もう少し長くてもいいので穴をあけて欲しかったです。

あと、Fnキーが右側だけなのもちょっとイレギュラー。 個人的にはFnキーはあまり使わないので問題なかったですが、よく使う方は一度試してみることをお勧めします。

また、Shiftキーをよく使います。 (頭文字のみ大文字で入力することで、半角英字は言語を変更せずに入力できます。) ここで、不規則な配列の悪影響が現れます。 右側のShiftキーは、英字キーと同じ大きさしかありません(通常は左右とも長いです)。 右の小指で Shift を押すと、右の Enter キーよりも使いにくくなるため、これは私にとって大きな問題でした。

使いづらかったのでキーマッピングアプリ右側の Shift キーの横にあるキーをShiftに変更することで修正しました。もう使えなくなり、別の問題が発生しましたが、ありがたいことに、私はそれほど頻繁に使用するキーではないので、管理しやすくなっています。

バックライト

ゲームではありませんが、白色のバックライトを搭載。 このバックライトは、発光パターンや明るさを変えるだけでなく、キーボードから手を離すと自動的に消灯し、近づけると自動的に点灯します。 やってみましたが、思ったより正確でした。

概要

MX MECHANICAL MINI は、ビジネス向けの数少ない薄型メカニカル キーボード オプションの 1 つです。 唯一のボトルネックはキー配列と価格ですが、キー配列は慣れ親しんだもので、メカニカルキーボードとしては異例の高額ではありません。

PC では、Logi Options+ を使用すると Logitech Flow などの機能を使用できるため、作業効率が向上し、薄型メカニカル キーボードの強力な候補となります。

B0B1Q6H9X5

OREFOLDER ニュースの最新情報を入手する

著者のアイコン

療養中のガジェットオタク。 基本的にTwitterをやっています。 書いている記事は個人の感想です。 ご要望等ございましたら、TwitterのDM(こちらが一番早いと思います)か、[email protected]どっとこむ(どっとこむ→.com)までご連絡ください。

⇨だいじアイテム一覧

Leave a Reply

Your email address will not be published.