[Windows 7]スタートアッププログラムの設定・変更方法を解説! – 秋の生活

Windows 7 には、スタートアップ プログラム機能が標準装備されています。 スタートアップ プログラムは、コンピューターの起動時にプログラムを自動的に起動する機能です。 ということで今回は起動プログラムの設定方法を解説します。

[Windows 7]始まりは何ですか?

Windows 7 には、スタートアップ プログラム機能が標準装備されています。 では、Windows 7 のスタートアップ プログラムとは正確には何なのでしょうか? そこでここでは、Windows 7 のスタートアップ プログラムについて説明します。

Windows の起動時に自動的に起動するプログラム

Windows 7 のスタートアップ プログラムは、コンピューターの起動時に自動的に起動するプログラムです。 たとえばメールアプリなど、すぐに確認したいアプリは、Windowsの起動と同時に起動するので、とても便利な機能です。

・スタート地点はどこ?

スタートアップに登録されたプログラムは、Windows 7のスタートメニューから確認できます.起動するには、Windows 7の画面左下の「スタートメニュー」→「すべてのプログラム」→「スタート」をクリックすると、登録されているプログラムの一覧が表示されます.スタートで。

また、Windows 7の画面左下にある「スタートメニュー」をクリックし、検索ボックスに「shell:startup」と入力して起動を確認することもできます。

[Windows 7]スタートアップの設定・変更方法

Windows 7 起動時のアプリケーションの追加・削除方法を説明します。

[Método 1]アプリを追加する

Windows 7でアプリケーションをスタートアップに追加する方法を説明します。アプリケーションをスタートアップに追加するには、Windowsにログインしているアカウントのスタートアップに追加する方法と、全アカウント共通のスタートアップに追加する方法の2通りがあります。

まず、Windowsにログインしているアカウントのスタートアップに追加するため、Windows 7の画面左下にある「スタートメニュー」をクリックし、検索ボックスに「shell:startup」と入力。 すると「shell:startup」フォルダが表示されるので、「Folder」をクリック。

また、ログインしているアカウント以外のスタートアップアカウントを開くには、「Explorer」をクリックし、「C:/Users/username/AppData/Roaming/Microsoft/Windows/Start Menu/Programs/Startup」と入力し、「Enter Password」を押しますボタン。[ユーザー名]に、設定するアカウントのユーザー名を入力します。

次に、スタートメニューのフォルダを開いた後、追加したいアプリの「ショートカットアイコン」をドラッグ&ドロップします。 その後、スタートメニューに追加されます。 他にも追加したいアプリがある場合は、同様にショートカットアイコンをドラッグ&ドロップしてください。

アプリを追加したら、Windows 7 を再起動し、追加したアプリが自動的に起動するかどうかを確認します。 次に、全アカウント共通スタートアップに追加するため、Windows 7の画面左下にある「スタートメニュー」をクリックし、検索ボックスに「shell:共通スタートアップ」と入力。

すると「shell:common home」フォルダが表示されるので、「Folder」をクリック。 全アカウント共通のスタートメニューを開いた後、追加したいアプリの「ショートカットアイコン」をドラッグ&ドロップ。 その後、スタートメニューに追加されます。

他にも追加したいアプリがある場合は、同様にショートカットアイコンをドラッグ&ドロップしてください。 アプリを追加したら、Windows 7 を再起動し、追加したアプリが自動的に起動するかどうかを確認します。

[Método 2]アプリを削除する

[Método 2]アプリを削除する

Windows 7 のスタートアップからアプリケーションを削除する方法を説明します. 登録したアプリケーションをスタートアップから削除するには、Windows にログオンしているアカウントのスタートアップを削除する方法と、すべてのアカウントに共通のスタートアップを削除する方法の 2 つがあります。

まず、Windowsにログインしたアカウントの起動時に登録したアプリケーションを削除するには、Windows 7の画面左下にある「スタートメニュー」をクリックし、検索ボックスに「shell:startup」と入力します。 すると「shell:startup」フォルダが表示されるので、「Folder」をクリック。

また、ログインしているアカウント以外のスタートアップアカウントを開くには、「Explorer」をクリックし、「C:/Users/username/AppData/Roaming/Microsoft/Windows/Start Menu/Programs/Startup」と入力し、「Enter Password」を押しますボタン。[ユーザー名]に、設定するアカウントのユーザー名を入力します。

次にスタートメニューのフォルダを開き、削除したい「アプリケーション」を右クリックして「削除」を選択。 このショートカットをゴミ箱に移動するかどうかを尋ねるポップアップが表示されるので、[はい]をクリックすると、アプリが削除されます。

他にも削除したいアプリがある場合は、同様に削除してください。 アプリを削除した後、Windows 7 を再起動し、削除したアプリが自動的に起動するかどうかを確認します。

次に、全アカウント共通のスタートアップに登録したアプリを削除するため、Windows 7の画面左下にある「スタートメニュー」をクリックし、検索ボックスに「シェル:共通スタートアップ」と入力。 すると「shell:common home」フォルダが表示されるので、「Folder」をクリック。

全アカウント共通のスタートメニューを開いた後、削除したい「アプリ」を右クリックして「削除」を選択。 このショートカットをゴミ箱に移動するかどうかを尋ねるポップアップが表示されるので、[はい]をクリックすると、アプリが削除されます。

他にも削除したいアプリがある場合は、同様に削除してください。 アプリを削除した後、Windows 7 を再起動し、削除したアプリが自動的に起動するかどうかを確認します。

[Método 3]プログラムを無効にする

Windows 7で起動時に登録したアプリを無効にする方法を説明します。

アプリを無効にするには、Windows 7の画面左下にある「スタートメニュー」をクリックし、検索ボックスに「msconfig」と入力して「Enter」を押します。 次に、「システム構成」画面が表示されたら、「スタートアップ」タブを選択します。 次に、登録されているプログラムのリストがスタートに表示されます。

次に、無効にするプログラムのチェックを外します。 チェックを外したらOKをクリックします。 その後、登録済みのアプリを起動時に無効にすることができます。 アプリを無効にした後、Windows 7 を再起動し、無効にしたアプリが自動的に起動するかどうかを確認します。

* サムネイル画像 (画像: Wachiwit / Shutterstock.com)

Leave a Reply

Your email address will not be published.